Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

マチュピチュへの苦難の道のり 

ペルー |

移動日/クスコ(ペルー)→サンタマリア(ペルー) コレクティーボ5時間 32.5Sol
サンタマリア(ペルー)→サンタテレサ(ペルー) コレクティーボ1時間 9Sol
サンタテレサ(ペルー)→イドロエレクトリカ(ペルー) コレクティーボ0.5時間 3Sol
イドロエレクトリカ(ペルー)→マチュピチュ村(ペルー) 歩き10キロ 3時間

今日はウユニ次ぐ南米のハイライト「マチュピチュ遺跡」に向かいます。
普通は列車で優雅に行くのが一般的。それもありかと思っていて、朝チケットオフィスに向かうとなんと。
昨日の大雨で土砂崩れが起きて、すべて列車がストップ。

それなら別の行き方。それは旅人で有名なコース。
それは列車よりお金を節約できて自然を満喫できるコース。

結局このコースでマチュピチュに行く運命だったみたい。



タクシーでコレクティーボ乗り場へ。
まさにローカル。値段を交渉してさっそく出発。
山道を走ること数時間、突然の大渋滞に。事故か?まったく進まない。



まさかの土砂崩れ。なんとか車は通れる状態になっていたけど、この先が不安。
これから先どんどん山に奥地に入っていくから。





なんとか5時間で到着。グネグネ道でみんなグッタリ。
サンタマリアは数件の家があるのみ。朝ごはん食べて、次はサンタテレサを目指します。



今回のコレクティーボは普通車。そのため1人はトランクに。
そして途中から現地人も乗って来てこの状態。

そして車は断崖絶壁を走る。落ちたら100%命なし。ところどころお墓があるし。
そしたら車は止まった。何もないところで。とにかく歩けって言われる。
なんでや。
サンタテレサはどうやらまだらしい。
そして歩くこと15分まさかの光景。



大規模な土砂崩れ。車の通行どころか歩きでさえ厳しい。
日本なら2次災害の危険があるため、絶対に通行止め。近くにすら寄れない。



でも人々はそこを通って行きます。順番がまわってくるまでに何回も石が転がってきます。
いつ起きてもおかしくない土砂崩れに心は動揺してました。
いち早くここを抜けたい。足を泥だらけにしながらなんとか突破。



車を降りてから1時間なんとかサンタテレサという街に到着。既にグッタリ。
遅めのランチをすませて、次のポイント、イドロエレクトリカ(水力発電所)へ。



ここから10キロの歩き。既に夕方。
この線路沿いをひたすら歩きます。ひたすら。



「Stand by me」でも列車は来ません。走る必要はまったくありません。



線路沿いを流れる川は濁流。それは土砂崩れも起こるはず。

暗闇の中を濁流の音を聞きながらひたすら歩くのみ。昼間ならきっと気持ちがいいはず。
そして歩き続けると街の光が。マチュピチュ村に到着しました。
本当に長い長い一日が終わった。本当に疲れた。
明日はいよいよマチュピチュ。


マチュピチュ村の宿
HOSPEDAJF JAIRITO
15Sol(550円) 3人部屋で1人あたり
ロケーション/
アクセス/アルマス広場よりインフォメーションの前の道(Av Inka Pachacuteq)を登っていくと、右側にある。
1階はレストラン。
立地は便利。バス乗り場も近い。
3人部屋。
めっちゃ快適なベッド。こんなの久しぶり。
シャワー、トイレは部屋にあり。
Wifiはあり。部屋でも使える。まあまあ速い。
もう一泊したいくらいベッドが良かった。
マチュピチュの宿は意外とクスコとかより安いところがいっぱいあった。

10:33 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

コメント

凄い旅ですね。 鉄道の道を歩いてマチュピチュ村て!!

それだけに 感動もひと一倍のことでしょう。

ここまでの貴重な現地の写真 沢山にありがとう。南米の生活の状況が良くわかります。

自分が旅しているみたいです。

施主1goo #- | URL | 2013/02/15 13:53 * edit *

せこさん
片道は歩く予定でしたが、
土砂崩れで思った以上にハードでした…

たみや・ゆうき #- | URL | 2013/02/18 10:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/317-9b375742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。