Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

夏祭り 

パラグアイ |

移動日/シウダ・デル・エステ(パラグアイ) →イグアス居住区(パラグアイ)

お昼過ぎにパラグアイとの国境の橋に到着。
橋の手前にあるブラジルのイミグレで出国手続きをして、歩いて橋を渡り、パラグアイ側で入国手続きするつもりで
橋を歩いているとき、「何か変だな~??」と思い、引き返してみると、乗ってきたバスが停まっていた!
危な~!
バスはバスで橋を渡ってパラグアイで待っていてくれると、勝手に思い込んでいました。


とにかく無事入国して、目指すのは「41km地点」にある(へんなの)ペンション園田です。
運転手さんに「41kmで降ろしてね」って言ってたのに
「41km!」って言われて降りたら42kmだった。たはーっ。
照りつける日差しの下、とぼとぼ歩いていると、
「どこ行くの?ソノダ?」と、車に乗せてくれる人がいました。



ここは日本から移民してきた人たちが多く住んでいる地区なんです。
その人は日本語学校の先生で、今日は高校生が主催の夏祭りがあるから来てね、と誘ってくれました。
園田さんファミリーと、今日泊まっている6人で行ってきました。



近所のおばちゃん達が
「ソノダの孫!カ~ワ~イ~イ~!」ってみんなして言ってた。



まさか日本から遠く離れたパラグアイで浴衣を着るとは。
私のは12~14歳用です…



文化祭みたい!
高校生がいろんなお店を出していました。
たこ焼きとか巻き寿司とかお餅とか唐揚げとか枝豆とかかき氷とかいっぱい食べた!





盆踊りも踊って楽しかったよ。

サンパウロでは、もう若い人達は日本語を話さない人が多いけど、ここでは3世の高校生も、日本語で会話してます。
パラグアイで、こうしてお祭りを開いたり、日本の文化を大切に受け継いでいこうとしているのがよくわかりました。

偶然来ることになったパラグアイでまさかの『日本の夏』満喫しました。
12月ですが。
たみやは何か知らんけど高校生と一緒にお神輿も担いだし、花火も見ました。
楽しかったな。
19:31 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

コメント

日本だ!!

日本を愛してるんだね。
浴衣お似合いです。お祭りだ!!
どんな盆踊りなの?東京音頭かしら

MARO #- | URL | 2012/12/28 16:59 * edit *

Maro
炭坑節でしたよ!

たみや・ゆうき #- | URL | 2013/01/22 05:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/256-e8657041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。