Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

LIVE! 

ブラジル |

サルバドール3日目

また街をぶらぶらしています。
サルバドールの雰囲気は好きなのに、なんかやる気が出ません。

ぶらぶらしていると、カポエラをやっているレストランがあったので、
カイピリーニャとガラナを飲みながらカポエラを見よう!ってことになりました。



こうゆうのやってかないとね!

しかし、カポエラはちょこっとやって、あとは観光客と記念撮影をしてるばかりで、全然まともに見られませんでした。
なのに見学料集めに来て、何でお金取って観光客と記念撮影してるとこ見てお金払わなきゃいけないの、と
思って払わなかったら何回も集めに来るし、
写真を撮る撮らないでたみやとはケンカになるし、ああ、しょーもな。



お腹減っては余計イライラするわ、と、おばちゃんが売っている『アカラジェ』を買ってみました。
エビとか、カルルっていうオクラの煮込みとかいろいろ入ってて、おもしろい食べ物でした。
おばちゃんが着ているのは、この辺りの「バイアーナ」の格好。かわいいね。

ちょっと足りなかったので、人気がありそうなポルキロのお店でお昼を食べたら
おいしくて、昨日は食べられなかったエビのムケカが特においしかったから2人共機嫌が治りました。


夕方からはパーカッションバンド『OLODUM』のLiveもあるしね!





たみやはTシャツまで買ったのだ。
お客さんは思ったほどいませんでした。昨日買ったチケットの番号も9と10だし。

だけど始まってみるとパーカッションだけで鳴らされるリズムには迫力があるし、
明るいリズムのノリがめっちゃ楽しい!
途中で魅せてくれる動きもカッコイイのだ!







いつの間にかフロアはたくさんの人でいっぱいになり、みんなビール片手に踊ってます。
演奏はかなりハードなようで、疲れてぐだぐだになってくるとプレイヤーが代わり、
スタイルも変わるので時間を忘れて楽しめました。

ブラジルに来てから気分も上がず、ぼんやりしていたけど、元気が出たような気がします。
でもブラジルは住んでる人たちがみんな、危ない危ないって言ってるので気を付ける!くわばらくわばら。


サルバドールの宿
青い家
25R$(1000円)/ドミトリー1人あたり
ロケーション/
アクセス/ペロウリーニョ広場からカルモ教会まで坂を登り、さらにまっすぐ進むと交差点、それをさらに進むと左側に22と書かれた青い建物。
セー広場から30分くらい。石畳で登り下りがあるのできついです。
日本人に大人気の宿。
中心から少し離れているが、目の前に小さな商店がある。
屋上からの眺めが最高!ここでの洗濯はこの旅一番。
ドミトリーのみ。
カーニバル時期ではなかったのでドミトリーを個室として使えた。
シャワー、トイレは普通。お湯はでない。部屋にある。
キッチンが2つもあるので自炊ができる。鍋がやたらと多い。
Wifiあり。部屋でもできる。屋上でも。
屋上に洗濯干場あり。
朝食なし。
ナウバおばちゃんが優しい人です。

20:22 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

コメント

ケンカしてもご飯食べたら仲良くなるなんてステキだねぇー。
ブラジルって全く無知識だったから、tabiyaのブログをみてとても興味が湧きました。
危険なのか。これからも、2人が安全で安心な旅ができますよーに!

いくたん #- | URL | 2012/12/21 20:37 * edit *

楽しい音が聞こえそう

テンションあがり元気でてよかったね。
ブラジルぽいよ。
おいしいものいっぱい食べてね

MARO #- | URL | 2012/12/22 17:11 * edit *

いくたん
どの国も行ってみたら意外な発見があるよね!
ブラジルでは何も無かったけど
南米はいろいろ被害にあってる人が多いから
気をつけるよ、ありがとう。

たみや・ゆうき #- | URL | 2013/01/23 00:13 * edit *

maro
ブラジルぽいね(笑)
太鼓ってシンプルなのに楽しいから、よく考えるとすごい楽器だよね。

たみや・ゆうき #- | URL | 2013/01/23 00:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/250-38c3f921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。