Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

耐えた耐えた60時間。 

ザンビア |

移動日/ルサカ(ザンビア)→リビングストン(ザンビア) バス7時間 90000ZK

朝ルサカのバスターミナルに到着。
ここまで53時間。
さすがに疲れた。
ルサカはザンビアの首都。でも見所はなし。首都ってこういうところが結構多い。

リビングストン行きのバスはすぐにありラスト目的地へ。ルサカ滞在時間30分。



ザンビアの車窓からの風景。特に変わった印象はないが、道端がゴミだらけ。
それでもインドの10分の1。

リビングストンに到着できた。
ダルエスサラームから2000キロはあったかも。
耐えた耐えた60時間。バス車中2泊。これまででもっとも長い移動、ダントツ1位。

でも、モヤレ→ナイロビやカンパラ→モシの移動よりは辛くはなかった。シート快適だったから。

でもやっぱり着いたときは、4人とも安堵の表情だったけど。



この旅初のテント泊。
アフリカの南の方の国は、宿にテントが張れるのです。
宿泊費もドミトリーの半分くらい。節約になるし、キャンプみたいで楽しみ。



今日の宿はなぜか3時にパンケーキがでるサービスがある。
着いてすぐめちゃくちゃ疲れたタイミングでこのサービスは嬉しいぞ。





キッチンがあるので、今日は自炊。
メニューは『カルボナーラ』
海外どこで食べてもあまりおしくないカルボナーラに自炊で挑戦
完成たみや特製『タミボナーラ」
めっちゃおいしくできた。



リビングストンの宿
Fawlty Towers
29500ZK(450円)/テントサイト1人
ロケーション/
アクセス/バスターミナルよりメイン通りをヴィクトリアフォール方面へ。歩いて20分。進行方向右側。
宿の道路向かいに大型スーパーがあり自炊をするのに便利。
ヴィクトリアフォールへは、宿より10時に無料送迎バスがある。タクシーでも15分くらいの距離。
テントサイトは芝生で快適。
シャワー、トイレもとても綺麗。お湯もでる。
キッチンがあるので自炊ができる。
プールあり。
残念だがWifiが有料。
とても静かでのんびりできそう。
3時パンケーキのサービスあり。
いつでも紅茶とコーヒーは無料で飲める。

20:22 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

コメント

忍耐と体力が勝負だ。

お疲れさん。なかなかできない体験だ。
緑の多い宿で癒されるね。ゆっくり体力の回復を

MARO #- | URL | 2012/12/04 21:31 * edit *

ついに、アフリカも終盤か??
アフリカは全体的にめっちゃ新鮮やったわ。
ブログ見ててワクワクでしたわ。
タミボナーラ、いい感じの出来栄えです。

k5 #- | URL | 2012/12/04 23:21 * edit *

テントに泊まるって新鮮だし楽しいよね~。
そして、料理が出来る旦那さんっていいわ~!!
タミボナーラ、いつかご馳走になろうっと♪

プールサイドでのんびりして長距離移動の疲れがとれたかな?

かずき #- | URL | 2012/12/05 13:21 * edit *

maro
バスは座ってるだけなので、どうってことないですよー。
バスがあるだけいいよ。
この宿は快適でしたー。のんびりしたかったな。

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/12/24 01:31 * edit *

けーご
私もアフリカは面白だらけだったよー。
タミボナーラはチーズみじん切りにしたから。

かずき
テント南京虫出ないからいいよー。
料理のできる旦那さんって言うか、
タミボナーラのできるタミヤだけど…
いいかな?

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/12/30 03:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/227-e255737f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。