Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

パレスチナ自治区 

イスラエル |

エルサレム2日目

ベツレヘムへ行きました。
ここはパレスチナ自治区。イスラエルではありません。
パレスチナへは何のチェックもなく入れるけど
帰り道はバスの中にライフルを持ったポリスが乗ってきてパスポートチェックを行います。
イスラエルとパレスチナ自治区の緊張した関係が感じられます。



パレスチナ自治区は周りをどデカイ壁に囲まれてます。

パレスチナからのメッセージがたくさん書かれてました。ここまで大きい壁が必要なのか。

簡単に述べることができない政治問題。自分の知識の浅はかさにこの壁を目の前にして申し訳なく思います。
でも、この壁のインパクトは心に刻まれました。日本に戻ってからでもいいから、ちゃんとした知識と自分の考えを持ちたいです。



ベツレヘムは、イエス生誕の地です。街には聖誕教会があります。
いままで、見たカトリック教会とは少し違います。少し暗く、派手やかさもありません。入口はにじり口のように小さいです。





地下に、イエスが産まれたとされる場所があり、キリスト教徒の人はここで一人ずつお祈りを捧げてました。



イスラエルとは違い、アラブ系の人ばかり、街の雰囲気もアンマンのよう。しかも物価も安いです。ってかイスラエルは高すぎる。
一日しかいなかったパレスチナ自治区ベツレヘム、訪れて良かったです。
22:06 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/180-38d6acd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。