Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

Via Dolorosa 

イスラエル |

エルサレム1日目

「Welcome! Eat! Fooood!!!」
イブラヒムおじいちゃんが朝から元気です。


ここ『イブラヒムピースハウス』では平和活動をしているおじいちゃんが、来る人を誰でも迎えてくれます。
維持費は泊まる人たちの寄付金で賄っているそうです。
おじいちゃんはいつもごはんをたくさん作ってくれます。いつでも誰でもウェルカムウェルカム。
来月は講演で日本へ行くとか、ホワイトハウスにも行ったことあるって、ちょっと自慢してました。

今日は旧市街の中にある「ViaDolorosa」
イエスが処刑されたゴルゴタの丘まで十字架を背負って歩いた道です。



鞭で打たれて十字架を背負わされた場所。
十字架が重くてつまづいた場所(!)シモンがイエスの代わりに十字架を背負わされた場所、など
全部で14箇所が道の途中に示されています。



聖墳墓教会には十字架から降ろされたイエスの体に香油を塗ったという石の台があります。





たくさんのクリスチャンがこの台に触ったり、スカーフや十字架を並べたりしていました。
大事に持ってお守りにするのかな。
ちっこい十字架を100個くらい持って来ている人がいたけど、きっと友達とか近所の人に配るやつ。

そしてここで意外なことに、ゆうき感激。
子供の頃ずっと日曜日の朝、礼拝に通っていて(家はクリスチャンじゃないのになんでだろ)
聖書の話を聞いていたから、ここの人達のイエスへの想いにグッときてしまいました。
そして「あの台に触りたい」と言って触り、
イエスのお墓の前に行列を作るクリスチャンを見て、さすがにそこに並ぶことができずに
「クリスチャンの人はいいなあ」などと呟く程でした。

思い返せば、仏教に関わる場所に行くときは仏教徒としてではなく
頭の中に手塚治虫の『ブッダ』を思い浮かべて、凄い凄いと思っていたような…
子供の頃に受ける影響って大きいんだなあ、と思いました。
22:59 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

コメント

久しぶりにコメントさせてもらいます!普通旅行だと観光だったり、その土地特有のレジャーを楽しむだけで終わってしまうけど、お二人みたいにその地域の歴史に触れて現地の人と仲良くなる旅行も素敵ですね!
いつかは僕もいってみたい!

本田 #- | URL | 2012/10/03 12:45 * edit *

エルサレムって

宗教とか政治とかいろいろな歴史があるのでしょう。
ただ平和であることが一番の祈りでしょう。国と国の関係ってむずかしい今日本もそんな状況ですよ。

MARO #- | URL | 2012/10/03 20:16 * edit *

本田くん
元気ー?
本田くんはこういう旅合ってると思うよ。
観光はもちろんいいけど、それ以外にも印象に残ることがいっぱいあるからお得だよ。
でもうちらは英語ダメなのが残念…
観光地行くだけなら困らないのにね。

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/10/15 14:37 * edit *

maro
ここへ来て、改めて私も日本のことをもっともっと真剣に
考えなきゃって思ったよ。
でも本当にみんなの一番の祈りが「平和」になるといいのにね。

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/10/15 14:42 * edit *

いぶじいの危機

ブログ、楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます^^

わたしは中東関係の話題が好きないち読者ですが、初めまして。
昨日ネットサーフィンしてたところ、イブラヒムさんについて色々なブログを見つけて読んでいました。

その時に初めて知ったのですが、彼は今とても大変な状況にいるようです。
裁判での判決で、毎月1300シェケルをこの先6年間払わないと家が取り壊しになり、イブラヒムさんが投獄されるということです。(ソース:http://www.gofundme.com/ryoao

イブラヒムさんももう70あたりのご高齢で、この先後何十年行きられるかもわかりません。どうにか残りの人生、彼の楽しみを奪わないようにできないかと思います。

3ヶ月ほど前、海外のイブラヒムファン達がこのサイトを立ち上げました。ここのペイパルから、イブラヒムさんに募金できます。ペイパルはアメリカでは主流の安全な決済方法です。もし可能でしたら、ウェブサイトから募金をお願いします。少しでも、助けになると思います。どうかよろしくお願いします!!!

http://peaceforibrahim.tumblr.com/

kei #- | URL | 2013/03/07 16:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/179-63c75ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。