Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

いろいろあった一日。 

イスラエル |

移動日/アンマン(ヨルダン)→エルサレム(イスラエル)

これからのルートと日程が、ほとんど同じなのでいっしょに旅をすることになった、たかちゃん&まーちゃん夫婦とイスラエルへ。私たちは西周り、この二人は東周りで世界一周をしている夫婦がいっしょに旅できるなんてロマンがあります。

金曜日なので国境が13時には閉鎖するので、朝から張り切ってタクシーでヨルダン側国境へ。手続きをできるは、8時間からみたいで、1時間も前にきちゃった。順調にイミグレで手続きを済ませ、出国税10JD,なぜか情報より2JDも上がっていた。円高だけど、どこも同じだけ値上げしている。

バスに乗って走ることろは無法地帯。キングフセイン橋を渡り、いよいよイスラエルのイミグレへ。イスラエルの入国審査は厳しく、しかもパスポートにスタンプを押されてしまうと、ヨルダン、エジプトを除くアラブ諸国には入国できなくなるので、別紙にスタンプを押してもらう必要がある。ちょっと複雑な入国なのです。

バスがイミグレに到着すると、たくさんの入国審査を待つ人で列は大行列。しかもインド以上の大量のハエ。4人も負けじと並んでいると、突然ピーと笛が、みんな列から出て、広場のようなことろに行くようにと言われました。なかなかの緊張感。

まわりの軍人は全員ライフル持っているし。つい写真をとろうとiPhoneを出してかまえると、ライフル持った人がこっちを指さし、ノーフォトっと向かってきました。ビビりました。震えました。
しばらして、ゴーサインがでると、みんなダッシュで列に並びます。結局また大混雑。まず最初の簡単な審査。二人でカウンターに行き、笑顔でノースタンププリーズ。するとパスポートの裏にピンクのシールが貼られました。このシールをイスラエル出国後綺麗に剥がさないとバレるみたいです。次に身体検査。二人でいっしょにカウンターに行ったのに、まさかのたみやだけパスポート預かり、噂ではここで止められると、別室につれてかれて、3時間待たされる上、質問攻めにあうらしい。最悪です。さっきの写真が原因かも。

30分くらいして、パスポートを持った人から名前を呼ばれ、いっしょに別室かと思いきや、荷物をあけられ、何やらブラシのようなものでポンポン。
10秒しない内に、はいOK。いったいなんで止められたのかは謎です。

ここでいよいよ本番の入国審査。二人でカウンターに行き、同じようにノースタンププリーズ。すると係りのお姉さんさん笑顔で、紙をくれそこに名前やパスポートナンバーを記入。するといくつか質問が、これはすでに予行練習していたので、バッチリ。
どこにいくの?エルサレムと?ちょっといじわるな聞き方。はっきり「エルサレムのみです」
何日滞在するの?1週間。
どこのホテル?パームホテルです。
エルサレムに友達とか家族がいて、会う約束でもしているの。いいえ。
無事に、別紙にスタンプを押してくれました。これでいよいよ22カ国目イスラエルに入国です。

バスに乗り旧市街へ。この途中でも、ライフルを持った人によるパスポートチェックがあります。ほんと厳しい。

今日の宿はイブラヒムじいさんの家。バスに乗ろうとすると、またハエがよってきたと思い、払うと、まさかのハチ。すでに手に針が刺さっているし。

痛い!やっと入国できたと思ったらハチに刺され散々です。

バスを降りると、こっちを見て手招きしている人を発見。なんとイブラヒムじいさん本人。

ウェルカム!ウェルカム!カモン!

家まで招いくれました。
到着するなり、ウェルカム!イート!フード!ウェルカム!



お昼ごはんをもてなしてくれました。やさしい味。





今日は金曜日。嘆きの壁ではユダヤ教のお祈り時間。はじめて見る正統派ユダヤ教徒にビックリでした。

全身黒。ハットに長いくるくるもみあげ。そしてすごい人数。お祈りする人。歌っている人。聖書を読んでいる人。月明かりに照らされ、幻想的にさえ見えます。

見学していると、イブラヒムさんのとこで同じだったアメリカ人が、今日、ユダヤ地区の集会所のようなことろで
ユダヤのごはんをいただけるので、一緒にいきませんか?もちろんこんな体験できないので行くことに。

さっきお祈りしていたユダヤ教の人がたくさん。時間になると小さな建物に入り、男女別にテーブルに着席。
聖書が配られ、読まれるのかと思いきや、歌いはじめました。わたしたちも合わせて手拍子。

その後、パンとおかずが出されては、歌って、スープ、肉料理、ケーキのフルコース。

読まれている内容や、歌われる内容はよくわかりませんが、目の前のユダヤ教の人がとっても親切に楽しませてくれます。

もっともっと宗教について理解していれば、いろいろ聞けたのですが、でもこんな体験ができ良かったです。
少しユダヤ教を身近に感じることができました。
18:24 |  trackback: 0 | コメント: 3 | edit

コメント

正統派ユダヤ教徒、、、
全身黒、、、
ハットに長いくるくるもみあげ、、、
それって、もしかして、けいちゃんじゃないですか???w
ライフル持っての審査は怖いですね(´・_・`)
タミヤちょっと怪しいからなぁ~( ´▽`)www
気をつけて、楽しんで、学んできて下さい(o^口^o)

モトコ #- | URL | 2012/10/02 08:33 * edit *

国が変わればいろいろとたいへんなんだ。
でも旅のなかまいて嬉しいね。
初体験がいっぱいありそうですね。気を付けて楽しんでください。

MARO #- | URL | 2012/10/02 20:23 * edit *

もとこ
そうかも…∑(゚ω゚ノ)ノいっぱいいたけど…
たみや私よりは止められやすいけどね、ちょっと焦ったね。
これからも気をつけて旅します。

maro
エルサレムはいろんなゴタゴタが集まりすぎていて、
変なところでした。
ちょっと旅行しただけでも、これは難しい問題だって感じたよ。

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/10/15 14:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/178-eb21e087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。