Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

ズントーの美術館 

ドイツ |

ケルン3日目

ケルン大聖堂はどこからでも見えます。
宿の窓からも見えてました。



街にランドマークがあるってなんかいいなぁ。

今日はズントー設計の聖コルンバ教会美術館。この美術館は名前の通りコルンバ教会の上に建ってます。
第二次世界大戦により、廃墟化して、ケルンの街に取り残された遺跡に覆いかぶさるように、美術館が構成されてます。





下のレンガの部分がコルンバ教会跡。中がどうなっているのかわくわくします。
ズントー建築、その素材のチョイスも素敵です。あまり派手なく、でもじっくり触ってみると、細部にこだわっている。
大人の建築だぁ。街の風景にうまく溶け込んでました。



エントランスから展示空間、落ち着いて展示物を見れる空間、展示内容が変わるいいタイミングでの外が見える大きな窓。
ホッと一息できます。もちろんケルン大聖堂もちゃんと見える位置に窓がありました。



展示もとてもユニークで楽しめました。ドクロだらけ。



エントランスを入り、チケットをパスすると通路が二つに分かれおり、一つは階段を上り美術館へ。
もう一方が、廃墟化した遺跡の空間でした。先に美術館を見て、最後にここを訪れました。
美術館が良かっただけに、すごく期待して中に。
遺跡の上を歩けるように、ブリッジがかかっており、そこ進んでいきます。
以前あった教会を思わせる丸い柱、遺跡の壁に新たに積まれたレンガからはいるユニークな光。とっても面白そうですが、もっともっと緊張感があると
期待していただけに、少し残念でした。
特にこのブリッジのデザインが、なんかしっくりこない。ゆうき曰く、ずっと宿に戻ってからもブツブツ言っていたみたいです。

でも、はじめてのズントー建築に大満足でした。

今日のケルンは、異常な暑さ。宿の窓を全開にしていると、部屋中が虫だらけになるプチ騒動もありました。


ケルンの宿
Royal Centro Comfort
95E(9500円)/1泊
ロケーション/Hansaring 96
アクセス/ケルン中央駅より、ケルン大聖堂の前の道(Mar-zellen)を北に進み、線路高架をくぐりひたすらまっすぐ。高架をくぐると通り名が(Eigelstein)に変わります。商店が多い通りでスーパーなどもあります。突き当たるとHansaring通り、そこを左折してしばらく行くと左側にCafeがあり、その隣りにあります。

ケルン大聖堂まで歩いて10分。近くにスーパーなどいろいろがあり便利な場所です。
部屋は日本のシティーホテルのような雰囲気。
コンセントはたくさんあり、Wifiは部屋で使え速い。
タオルもたくさんあり、トイレ、シャワーも清潔快適。毎日掃除もしてくれます。
朝食はビュフェスタイル。パン、ハム、スクランブルエッグ、チーズなどなど。パンは特においしい。
スタッフも明るく感じもいい。
ぎりぎりで予約したため、安宿がなく値段が高め。あとで調べてみるとこのあたりの安宿はダブルで60Eくらいでした。
夏のヨーロッパは宿の予約は早め早めが大切。
20:06 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit

コメント

ピーターズントーの教会 ユニークですね。 初めて見ます。 素敵な建築を見せていただきありがとう。

未来のお店で チョコレートをオーダーしたいです。

施主1goo #- | URL | 2012/08/28 20:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/138-6e205622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。