Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

ズントーの教会 

ドイツ |

ケルン2日目

大好きな建築家のひとり、ピーターズントーの建築を見るのは、実はこれがはじめて。
ケルンには2つもあります。ケルン郊外にある(Bruder-klaus-kapelle)教会を見にいきました。ケルンから列車1時間「Euskircheh」駅まで行き、そこからタクシーで30分「Wachendorf」という村へ。観光地エリアにないものを見るのは大変です。タクシーだけで往復40ユーロ、金額も大変。
駅を降り、教会の名前をドライバーに伝えると、あそこねぇ。って感じでした。たくさんの人が来るようで。



タクシーを降りてここから、草原の中の小道を歩きます。遠くに見えているのが目指す教会。
草原の中に、ポッンって建つ教会はなんともかわいらしいです。



青い空と、緑の草原に浮かぶ、教会のシルエットはなんとも美しいです。



シンプルな十字架。三角の重い扉。土を固めたような壁。そしてその下でひと時を過ごすカップル。絵みたい。



教会の中は、そとの景色からは想像できない、真っ暗な厳かな雰囲気。
周りの景色をすべて遮断して、空からの光と、笛のようになり響く風の音、のみが暗闇にひろがっており、まさに祈りの空間でした。



屋根にぽっかり穴があいており、光はここのみ差し込んできます。
壁は、丸太を型枠に組んで、荒いコンクリートを固めたもの。この荒々しさが現実の社会を表しているようにさえみえてきました。
こんな田舎にあるのに、たくさんの人がお祈りに来てました。
21:19 |  trackback: 0 | コメント: 3 | edit

コメント

教会の扉が▲三角なんだねぇ。開けずらい?!

外見と内側のギャップがものすごいあるけど、空からの光だけが差し込む空間でお祈りするのも神聖な感じがします。

食いしん坊の私には丸太が麩菓子に見えたとか見えないとか・・・・。

観光地でないところに行くのは大変そうだけど、行くまでの過程も思い出になるね。

かずき #- | URL | 2012/08/28 08:16 * edit *

なにこのかっこええ教会!!
ついにドイツまでもどってきたのね。
今後は北欧かい??

けいご #- | URL | 2012/08/28 13:41 * edit *

カズキ
麩菓子!?
食いしん坊すぎでしょ~??
道程がいいと得した気分だよね。着いた時ヒャッホーイ!てなるし。

ケイゴ
かっこいいっしょ。小さいよ。
次は北欧へ向かうよ。ノルウェーは断念(´._.`)

たみや・ゆうき #- | URL | 2012/08/30 16:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tabiya2012.blog.fc2.com/tb.php/137-f0caade3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。