Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

サイクリング 

ネパール |

ポカラ1日目

ポカラはのどかなところです。
旅行者が滞在する所は、ダムサイドとレイクサイドに分かれていて、
レイクサイドの方が人気があって、旅行者向けのレストランやお土産屋さん、旅行会社などがたくさん並んでいます。
私達が泊まっているダムサイドは静かで落ち着いたところで周りには畑や小学校があるけど、ご飯を食べる所はほとんどありません。
朝は鳥の鳴き声で目が覚めます。
洗濯をして、小学生の体操を見ながら洗濯物を干し、
コーヒーを飲み、湖まで散歩しようかなあ、と思ったら、まだ6時半だった!
学校何時から!?

湖でバナナを食べ、今日は自転車を借りて走り回ってみることにしました。
新しいかっこいい自転車は高いので、ブレーキきかないママチャリしか借りれなかった…


まずは山岳博物館へ。
ヒマラヤの模型、山岳民族の暮らし、エベレスト登頂者の持ち物、
などなど、充実の内容でした。


ゆうき、イエティに遭遇。
足がすくむ。

お腹が減ったので街のローカルな食堂へ。
ここのダル(豆のスープ)が今までネパールで食べた中で一番おいしかった。

それから、ちょっと遠出して、オールドバザールへ。
交通量の多い上りのデコボコ道を40分くらい走り続けて、着いてみたらなんてことはない商店街でした。ズコー。


そして結局ツーリスト向けのバーでぐったりしてしまいました。
(昨日も行った店。いつもボブマーリーのベスト盤みたいのががかかっている。なんか落ち着くのでつい来てしまう)

そんなポカラでの一日でした。

明日から、2日か3日のトレッキングに出かける予定です。
頑張るぞ。

今日の一句
自転車でデコボコすぎて腕かゆい

自転車乗ってたら道がガタガタで腕の血行が良くなりすぎて、なんかもうかゆいわ。という気持ちを表しました。
スポンサーサイト

ポカラ着いたよ 

ネパール |

移動日/カトマンズ(ネパール)→ポカラ(ネパール) バス7時間
カトマンズを離れ西に200キロ、フェワ湖とアンナプルナの山々に囲まれた
ポカラに向かいました。
4日間お世話になった宿 チェリーゲストハウス オーナーは日本語ペラペラ
カトマンズの情報からポカラ行きのバスチケットの手配まで
至れり尽くせりでした。人のやさしさに感謝です。

この旅はじめての長距離移動。

7時間のバス旅。想像通りのなかなかのボロバスに道が悪いのもあり
ずっとちんさむロードでした。お尻がぴょんぴょんでした。
でもでも乗り合わせたスペイン人家族の子供がとってもかわいくて癒されていると
あっという間にポカラに到着。


山々と湖に囲まれた町。
空気がほんといい。
宿もすんなり決まり明日からのポカラライフ楽しみです。
22:31 |  trackback: 0 | コメント: 7 | edit

お茶にしようか 

ネパール |

カトマンズ3日目

ネパールでの最初の朝、起きた瞬間に
あー、コーヒー飲みたい。
って思ったのが久しぶりで、
日本では毎朝コーヒーだったけど、気候のせいか、タイでは朝ジュースとか飲んでいました。

そんな久々のコーヒー気分に、ガイドブックで見つけた「ちくさ茶房」へ。
紅茶処のネパールですが、ここではネパール産のドリップコーヒーが飲めるそうで、楽しみ!
店内のカウンターでは地元の人がおしゃべりしていて、まさに喫茶店の雰囲気。
早速たみやはドリップコーヒーを、
私はなぜかここでAB型まる出しで、ネパールミルクティーを注文。
久々のコーヒー気分の件は一体…


久しぶりに飲んだこともあって、おいしい…(結局ちょっと分けてもらった)
コーヒーとトーストの朝ごはんが、こんなに幸せとは…
あ、ミルクティーもおいしかったです。

それから、ネパールといえば紅茶。
近くにはお土産用のお茶屋さんがたくさんあり、そのうちの一軒へ。
(置いてるものはどこも一緒なんだけど)

試飲もさせて貰って、ネパール産のイーラムティーという紅茶と、イーラムにレモングラスで香り付けしたのを買いました。

宿に戻って買ったお茶を淹れ、飲んでみました。


あ~、ほっとする

レモンティーの方は、砂糖を入れるのがオススメだそうです。
次、試してみよう。

今泊まっている宿の屋上が気持ち良さそうなので、ちょっとお茶しようってことで



このコーヒーミルはいつも松阪でコーヒー豆を買いに行く
「MORI COFFEE」さんから、旅のお供に、と戴いたものです。
すごく小さいし、これから先、大活躍してくれそう。
ありがとうございます。

お茶といえば欠かせないのがお菓子ですが


それぞれ味の違いはあっても、どれもかなりの甘さで…
唯一甘くない「サモサ」がおいしかった。(カレー味のじゃがいもが入ってて、お菓子屋さんに売ってた!)

てな感じで一息ついて、さー行こか~
!!


また来ちゃった…ちくさ茶房

Day trip to PATAN 

ネパール |

カトマンズ2日目

カトマンズの少し南にある、古都パタンへ。
パタンに暮らす人の多くは、紀元前からカトマンズに住むネワール族の人達です。

今日はお祭りで、たくさんの人がお供え物を持って集まっていました。
雨乞いのお祭りだそうです。




広場にはたくさんの寺院が集まって建っています。どの建物も、細かい装飾がされていて、見応えがあります。
どの位時間をかけて完成したんだろうか。


宗教建築を見ると、国は違ってもそれぞれに信仰の深さを毎回感じます。


街をぷらぷら歩いた後、曼荼羅(マンダラ)など、仏教画を描いている方のアトリエを見せてもらいました。

今はアメリカで作品を展示中のため、いつもより少ないみたいですが、
曼荼羅や神様を描いた絵を観ながら、わかりやすく説明もしてくれました。

色は全て天然の顔料を使っています。



赤、青、緑、黄はラピスラズリなどの鉱物、
白は貝殻(日本から輸入してるんだって)
黒は32種類の植物を墨にしたものを
それぞれ細かくすりつぶし、ニカワと混ぜて絵具にするそうです。
他にはインディゴの青、カイガラムシの赤を使い、鮮やかな色彩の絵になります。


これは描きかけの絵。
大きな作品は3年から、10年以上かけて描いているのもあるそうです。


建築装飾、仏教画、ネワールの人は細かい仕事が得意みたいです。

今日の終わりはネワール料理でシメようぜ~!と、宿の近くのネワール料理店に入ったけど…
ネワール料理はきっとおいしいはず。
お店がちょっとハズレだったみたいです。
店員さんがいい人だったので、余計に切ない気持ちの帰り道でした…。
23:51 |  trackback: 0 | コメント: 9 | edit

ボダナート 

ネパール |

カトマンズ1日目
昨日はタメル地区という観光街を歩いたので
朝からダルバール広場を目指してみた。
タメル地区を一歩外れるとまさにカトマンズ現地の光景。

道は舗装されてなくゴトゴト、その細い道を車とバイクと犬と牛、たくさんの人が行き交うので
すごい砂埃。すごいゴミ。
100%マスクがないと気管支炎です。
タイよりさらに物価が安いため建物もなかなかレトロなつくり。
コンクリートとレンガの繰り返し。
地震がないからできるようなものばかり。


午後は世界でも最大規模を誇るストゥーパ(仏塔)のあるボダナートへ。

このストゥーパそれ自体がマンダラの構造をなしていて
とてつもなくデカいエネルギーを感じてきました。


ガンジス川の支流にあるパシュパティナート。
まさに訪れた時にもガートで亡くなられた遺体が火葬されてました。

輪廻転生を信じお墓を造らないヒンドゥ教徒の死生観をはじめて目の前で見て、
思いをはせました。
00:01 |  trackback: 0 | コメント: 9 | edit

ネパール着いたよ 

ネパール |

移動日/バンコク(タイ)→カトマンズ(ネパール) 世界一周券

タイでの滞在はあっという間に終わり、今日はネパール行きの飛行機に乗ります。

早朝、空港に着いて、手元のタイ通貨は100B。日本円にして400円くらい。
屋台の焼きそばが4人前、ペットボトルの水なら15本くらい買えるお金です。

2人でサンドイッチとコーヒーくらいは買えるかな~、と思ってたら、
空港って、、、何でも高いんだな、、、
コーヒー一杯で120B。
やっと見つけて買えたのが、ミスドのコーヒー&ドーナツのセット(一人分)。




ぽつーん



日本から持ってきた茎わかめも(なぜかこれだけ持ってきた)、食べてしまったし…
お腹が空いてフラフラする…


鞄をゴソゴソ探していたら、
あ~~
伊勢神宮に厄払いに行ったとき、神様にもらった
「するめ」が…!!


2人分あったから、1個は出発前に出汁とって食べたけど、もう一個は仕方なく、鞄にしまっておいたんでした。

もらったとき
「何これ、お召し上がりくださいって書いてあるよ。お菓子?お煎餅じゃな
い?…何だこれ昆布だよ、塩と米だよ。するめだよーなんだー」



のするめです。
煎餅だったら、とっくに無くなっとった…
神様すみませんでした。

そんな感じで機内食も完食し、カトマンズに到着。
空港を出た瞬間、タクシーとホテルの客引きが、次々と声を掛けてきて
しかもしつこい。トイレにまでついてくる人達もいる中、やっとの思いでタクシーカウンターへ。
しかしここでも決まっているというタクシー代が明らかに高い…
その間も周りでわーわー言ってくる客引き…

入国ビザ取得でもプチ騒動を起こしていた私は、
「もういくらでもいいから早く乗ってどっか行こう」てなったので
タクシーカウンターで申し込んで乗ったら、最初に声掛けてきた人のタクシーだったわけで、
けっきょく客引きもカウンターも全部一緒だったわけで、
これから私達は大丈夫なんだろうか、と不安を感じながら砂埃舞うネパールの街を走ったのでした…



ちなみに旅行者の集まる街に着いたら、
道を教えてくれたり、ご飯に行ったお店や、泊まった宿の人も親切で
基本的にネパール人は優しそうです。

今は、なんか停電してます。

再びマーケット 

タイ |

バンコク4日目
今日も灼熱です。
昨日のウィークエンドマーケットがゆうきのお気に召さなかったようです。
それは現地の食材市場がなっかたことです。
料理が大好きだから仕方ないかも。
朝ネットで検索してみるとオートーコー市場とういう名の市場を発見。
さっそくタクシーに乗り込み向かいました。
到着すると昨日みた景色とまったく同じものが
ウィークエンドマーケット会場の真向かいがこの市場だったのです。
4日しかバンコクにいないのに2日続けて同じ場所にくるとは。
しかし来た甲斐がありました。



市場は清潔感たっぷりで肉、魚、野菜、香辛料、穀物、が陳列されていて
日本の食材と比べたり、昨日のタイ料理にこの野菜が使われていたなど
発見がいっぱい。
特に果物コーナーで試食をいろいろしながら
とびきり甘いマンゴスチンを買った。

宿に戻り冷蔵庫で冷やし食べた。うまい。甘い。


そして最後 バンコクでの夜と言えば、
やっぱりマッサージ。
1時間のフットマッサージコース。200バーツ日本円で700円くらい安いです。
幸せの一言。指の先まで完璧。
これで明日からのネパールに力がつきました。

マーケット 

タイ |

バンコク3日目
今日は日曜日ってことで、朝からチャトゥチャック ウィークエンドマーケットに出掛けました。

日用品、食器、お土産物、洋服、食料品、本
などなど色んなお店が、何百軒と軒を連ね、同じ物を売っているお店もいっぱいあって、
売れてるのかなあ?と思って見てたら、
実際あまり売れてなかったり…

買い物に来てるひとは多いけど、それ以上にお店の数が凄かったです。



迷路状態で、さらに暑すぎて、
歩く→食べる→歩く→飲む→歩く→食べる
の繰り返しで、マーケット見学終了~です。

そんな中、観光客にだけ人気だったのが、



ココナッツシャーベットです。
おいしかった…
ココナッツの果肉も添えてあったんだけど、
初めて食べた生のココナッツは、なんかプリッとしとって、いまいちでした。

夜ごはんは、いつもはその辺の屋台で食べてるけど、
今日は奮発してレストランへ行きました~


一日食べてばかりだったくせに、なぜ夜ご飯を奮発したのか…

まぁ、いいか。

ワットポー 

タイ |

バンコク2日目。
朝から35度を超える暑さ。
日本の春から一気に真夏、体にきます。
昨日の宿から移り今日はマルコポーロというあやしい名前の宿。
10年前は一泊200バーツで泊まれた宿がいまは450バーツに
カットパイナップルが10バーツから20バーツに
といっても70円くらいで冷たい甘いパイナップルが食べれるのは最高です。
今日はワットポーという巨大寝釈迦があるお寺にいきました。

デカイです。金ピカです。
そして大仏の顔がセクシーです。
夕方になり涼しくなったのでチャオプラヤー川沿いにある公園へ。
ベンチに腰掛けまったりトーク。

気分よく過ごしていたら突然6時なると公園にいた全員が起立。直立不動。
そして爆音で国歌がながれた。
そして何事もなく国歌が終わる。
そんな一日でした。

タイに着いたピョン 

タイ |

移動日/セントレア(日本)→バンコク(タイ)
暑いです。
やっと海外からの日記が書けます!

タイのカオサンにいます。

ここです
タミヤの後ろのお兄さん背中がいかつい。

夕方に到着して、汗だくになってやっと宿を決め、タイで初のごはんは
チキンスープのフォーです

調味料をぶちこむ私の手の躍動感!
お腹が空いています。

日本を離れるのが寂しすぎて機内食が喉を通らなかったタミヤは
その後パイナップル食べて、今シェイク飲んでいます。

まだこれから一年間どんな風に過ごすのかわからないし、
はっきりとは実感ないけど、とにかく始まりました。

世界一周へ出発 

日本 |


本日、松阪港よりフェリーに乗りセントレアより11時のフライトで旅立ちます。
いまラウンジでコーヒーを飲みながら
いよいよ始まる世界一周に緊張とわくわくです。
朝の6時半のフェリーにもかかわらず、沢山の仲間がお見送りにきてくれました。
ほんとほんと幸せです。
ありがとうございます。

いざ 世界一周へいってきます。

旅立ち前 

日本 |


荷物をまとめました。

明日から、一年間の旅に出ます。

何年も前から2人で計画していた世界一周。
少しづつ準備も進めてきた中で、2人共、一年なんてあっという間だし、観光旅行だし、
気を付けていれば楽しく、無事で行ってこられるって、大したことじゃないよ、ただの旅行だもんね。って思ってました。

出発が近付いてきて、たくさんの人が
お守りやお役立ち道具をくれたり、
送別会してくれたり、
出発前に、ってごはん誘ってくれたり、
気を付けてねって、無事に帰ってきてねって、楽しんできてね、元気でね、って言ってくれて、電話やメールくれて、

自分達がやりたいことができるって、当たり前な事じゃないんだなー。周りの人達がこんなにも支えてくれてる。
絶対に私達は元気で、楽しく旅をしなきゃいけないんだ、と本気で思ったんです。

それから、本当はどれだけ心配してるかわからない家族が
「楽しんできて。楽しいから行くんでしょ。」
って言ってくれることがすごく嬉しかったです。

出発前日日記、潔く「行ってきます!」
ってまとめたかったんだけど、長くなってしまったー
どうしても言いたかったんです。

「どうもありがとう」

「行ってきます!」
23:37 |  trackback: 0 | コメント: 8 | edit

旅の持ち物 

日本 |

旅立ちまであと5日。
荷物リストを確認しつつバックパックにパッキングしてみました。
なんせ一年生活するための荷物、リストを眺めるだけですごい量です。
同じようなスタイルで世界一周をされた、人の体験談をみると
とにかく現地で買えるので極力少なくとうアドバイス。
それは十分わかっているがなかなかの量です。

なんとか二つのバックパックにパッキングができました。
バックパック一つあたり13キロありました。
これからこれを一年背負うことになります。
筋トレです。
00:00 |  trackback: 0 | コメント: 7 | edit

日本食 

日本 |

月に一度行われる、旅立つ前の最後の料理会がありました。
いつものように夫婦二人で今日のメニューは何かなーと話しながら玄関を入りました。
部屋が真っ暗、突然のクラッカー、そして歌の合唱、まさかのサプライズです。
旅立つ二人のために今日のメニューは筑前煮とお吸いものと白いご飯。
すでにテーブルにはおいしそうなお料理がならんでいました。
これから一年の間、世界中の料理を食べる二人にとってなんて素敵なチョイス。
半年後、地球の裏側でみんなでわいわい食べた筑前煮が恋しくなるんだろうな。
みなさん日本料理での送別会ありがとうございます。

そしてケーキまでありがとうございました。
また一年後、世界料理で料理会しましょ。
10:31 |  trackback: 0 | コメント: 3 | edit

A99 

日本 |

大学時代の仲間が花見送別会をしてくれました。
昔の思いで話、お仕事の話、そしていまから旅立つ世界一周の話
付き合いが長いこそできる話しばかりでした。

旅立ちに向けて準備は完璧と思っていた二人に
現地で二人が迷子になったらどうするの?
と尋ねられ、頭が真っ白になりました。
一応携帯は持っていこうとは考えてましたが果たして確実に使えるのか?
しかも二人ともスマホでもないし。
日本では当たり前ことが現地では通用しないと十分に承知していたつもりでしたが、
以外と抜けている二人に気付かされました。
友達のふとした一言に感謝です。

後日、いま持っている機種でも使えることが確認できました。

A99のみんなお花見ありがとう。
そしてみんなで自転車ニケツ楽しかったです。
18:19 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

日本の世界遺産 

日本 |

三重県に引越してきて、一番行きたかった熊野古道へみんなで遠足してきました。

最近やっと暖かくなってきて山へ行くのにはちょうどいい天気でした。



熊野古道は熊野三山への参詣道として、2000年に世界遺産に登録されています。
石畳の並ぶ緩い登り坂を休憩しながらゆっくり歩きました。
山の中は空気がきれいなのがはっきりわかって、普段は歩かないような距離でもどんどん前に進めるから不思議だよ。




チーズケーキを焼いてきてくれて、山頂で誕生日のお祝いをしてもらいました。うれしい~


大きな岩の上でお弁当おいしかったね


これから毎日バックパック背負って歩き回るの体力いるな~
13:51 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

3月30日 

日本 |


私の誕生日でした。
友達がケーキと、餃子いっぱい作ってパーティーしてくれました。
(餃子大好きなんで)


この一年間は旅の一年になるので、元気で安全に旅を続けられることを目標に、それから周りの人や物事への感謝を忘れずに、過ごしていきます。

31歳になりましたー
18:51 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。