Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

バスむずい 

パラグアイ |

イグアス居住区2日目

カメラ買いに出掛けたら、バスの降りるところがわからなくて、
バスターミナルから違うバスに乗り換えて、電気屋街に到着。

本当に電気屋がいっぱい、防水カメラは種類がたくさん無くて、欲しかったのは買えなかったけど、
まあまあ安く買うことができました。
防水カメラよく壊れるって聞くし、海外で買ったから少し心配。
でも箱にNIRVANAのジャケットみたいな写真載ってたから、まあ大丈夫でしょー。
水中写真、撮って撮って取りまくったるぞー!





で、帰りも案の定バスの乗り場がわからず、バス停でいくら待っても41km行きが来ないし、
場所が違うのかと思って聞いたらここだって言うし、
やっと乗れたと思ったら全然違う方行くから「41kmに行きたいんだけど」って言ったら
違うって言って、あっち行って別のバスに乗るんだ、って言われたけど
あっちってどっちよ。もう全然わからない!パラグアイのバス訳わからん!と思って
半ベソでうろうろしてたら、優しいおばちゃんがバス乗り場まで連れて行ってくれました。
けっこう遠くて、絶対自分で行けなかった…
おばちゃん、本当にありがとうございました。31歳なのに半ベソかいてゴメンね。

朝出掛けてカメラ買って帰っただけで夕方になってしまったけど、みんながごはん作っていてくれた!
そして園田さんに『移民史料館』を案内してもらいました。



サンパウロでも移民資料館に行ったけど、ここでは実際に船で渡ってきた園田さんの話を聞くことができて、
実際のこと、そのとき感じたこと、今のこと、これからのこと、たくさん教えて頂きました。
今までは、パラグアイにこんなに日本みたいな場所があることすら知らなかったけど、
園田さんはパラグアイに住む日本人として、日本のこともすごく考えていて
こうやってどんどんお互いが繋がっていけたらいいと、言っていました。

帰ってから、用意してもらったごはんをみんなで食べました。





おいしかった♪ありがとうございます。


イグアス居住区の宿
ペンション園田(ペンソノ)
8ドル(650円)/1人あたりドミトリーエアコン付 ベットをふたりで使用した場合1人6ドル
ロケーション/
アクセス/シウダ・デル・エステよりアスンシオン方面のバスに乗り41キロ地点で降りる。
日本人みんなでのんびり過ごせる。
ドミトリーはエアコンありとエアコンなしがある。
トイレ、シャワー共同。
キッチンあり。洗濯機あり。
スポンサーサイト
18:54 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

12月だけど夏休み 

パラグアイ |

イグアス居住区1日目

昨日通った国境の街 シウダ・デル・エステは秋葉原なんです。
いままで出会った旅人が声を揃えて カメラやランズを買うならここしかないよ。って聞いてました。
税金がかかってないらしい。だから安い。そんなところあるんやぁ。
これからイグアスの滝も行くしどうしても防水カメラがほしい!
今日行きたいですが、今日は日曜日ですべてお休み。
カメラ探しは明日にすることに。

今日はペンション園田でのんびり。

ペンション園田のあるイグアス居住区には、たくさんの日本人が経営されるお店があります。
そして街の中心には農協もあります。ここには日本の食材も比較的安く買うことができます。
朝の散歩をかねて行ってみました。



パラグアイの風景。
なんかアフリカを感じさせます。
赤土色の大地に濃い緑の木々、そして高い建物がないのでどこまでも広がる鮮やかな空。
そして照りつける日差し。
サンダルで歩いていると、足が赤茶色になります。



街の中心には公園。鳥居があった!

農協には、日本食材がいっぱい。納豆やあずきアイスまであった。値段は日本の倍くらい。
でも海外にしては安い。ここにいると日本です。
スーパーないでの会話も日本語ばかり。

そして、みんなでランチタイム。



オキツ先生&なっちゃんご馳走さまです。カレーはやっぱうまい。

あとは宿でのんびり。
夏休みみたいな雰囲気。みんなたまった日記を書いたり。

夕飯はお好み焼き。みんなで食べたら美味しい。
18:49 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

夏祭り 

パラグアイ |

移動日/シウダ・デル・エステ(パラグアイ) →イグアス居住区(パラグアイ)

お昼過ぎにパラグアイとの国境の橋に到着。
橋の手前にあるブラジルのイミグレで出国手続きをして、歩いて橋を渡り、パラグアイ側で入国手続きするつもりで
橋を歩いているとき、「何か変だな~??」と思い、引き返してみると、乗ってきたバスが停まっていた!
危な~!
バスはバスで橋を渡ってパラグアイで待っていてくれると、勝手に思い込んでいました。


とにかく無事入国して、目指すのは「41km地点」にある(へんなの)ペンション園田です。
運転手さんに「41kmで降ろしてね」って言ってたのに
「41km!」って言われて降りたら42kmだった。たはーっ。
照りつける日差しの下、とぼとぼ歩いていると、
「どこ行くの?ソノダ?」と、車に乗せてくれる人がいました。



ここは日本から移民してきた人たちが多く住んでいる地区なんです。
その人は日本語学校の先生で、今日は高校生が主催の夏祭りがあるから来てね、と誘ってくれました。
園田さんファミリーと、今日泊まっている6人で行ってきました。



近所のおばちゃん達が
「ソノダの孫!カ~ワ~イ~イ~!」ってみんなして言ってた。



まさか日本から遠く離れたパラグアイで浴衣を着るとは。
私のは12~14歳用です…



文化祭みたい!
高校生がいろんなお店を出していました。
たこ焼きとか巻き寿司とかお餅とか唐揚げとか枝豆とかかき氷とかいっぱい食べた!





盆踊りも踊って楽しかったよ。

サンパウロでは、もう若い人達は日本語を話さない人が多いけど、ここでは3世の高校生も、日本語で会話してます。
パラグアイで、こうしてお祭りを開いたり、日本の文化を大切に受け継いでいこうとしているのがよくわかりました。

偶然来ることになったパラグアイでまさかの『日本の夏』満喫しました。
12月ですが。
たみやは何か知らんけど高校生と一緒にお神輿も担いだし、花火も見ました。
楽しかったな。
19:31 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

パラグアイへ。 

パラグアイ |

移動日/リオデジャネイロ(ブラジル)→シウダ・デル・エステ(パラグアイ) 夜行バス27時間 170R$



もう少し長くいたかったなぁリオデジャネイロ。大都会です。



街を歩いているとこの大量のエアコンの室外機からシャワーのように水が降ってきます。

バスターミナルまでのローカルバスからの風景はこれぞリオって感じ!
生活感が漂っていました。これがファベーラ(スラム街)なのかな。

リオデジャネイロのバスターミナルを11時半に出発して南を目指します。
バスはちょっとぼろいけどアフリカに比べれば快適すぎる。

寝て、本読んで、おしゃべりして、の繰り返し。
特におもしろいこともなくバスは進むのみ。
13:14 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。