Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

大好きになったウガンダ。 

ウガンダ |

移動日/フォートポータル(ウガンダ)→カンパラ(ウガンダ) バス5時間 20000USH
カンパラ(ウガンダ)→ブコバ(タンザニア) ミニバス7時間 25000USH
カンパラ(ウガンダ)→モシ(タンザニア) 合計32時間(ホテル泊含)

居心地の良かったウガンダ。
緑が多いし、なんといっても人が優しい。
見ためは、ゴリラそっくりで迫力あるけど、そのギャップがとってもかわいらしく感じてしまう。
短い期間だったけど、大好きな国になった。









あとバスは止まると、物売りさんたちがたくさんきます。
これはどこに国でもよくあることだが、ウガンダは売っている物のレベル高い。



肉は新鮮でうまいし。芋もバナナも最高。でも一番はバッタ。


さてさて、これからさらに南下しタンザニアのモシという街を目指します。
まずは朝一でウガンダの首都カンパラに戻ると、たくさんのバス会社の人が声をかけてきます。

地図を眺めると、タンザニアのモシとう街に行くには2通りのルートがありそう。
大きなビクトリア湖を中心に上周りケニアを通って行く方法と、下周りで直接タンザニア入るルート。

上周りルートはケニアに首都ナイロビを通って行く。
これは一度通ったルートを戻ることになる。
でも首都間を結ぶルートなので、確実に早くいけそう。
でも、旅人心としては同じルートを戻るのは面白くない。時間はかかりそうだけど下周りルートに魅力を感じる。

結局、私たちは直接タンザニアへ入るルート、たかちゃん達はナイロビへ戻るルートを選びました。
これは面白い企画。
モシで再会する宿を決めて、どっちが早くモシに着くか競争。
ここからしばらく、2夫婦4人だったチームがいつものように、2人旅に。

そして、カンパラをお昼すぎに解散。
タンザニアへ入る下周りルートは事前の情報はないし、時間もかかりそうだけど、未知だけに楽しみもいっぱい。

バスターミナルより、タンザニアとの国境ブコバを目指すことに。
おそらく、ブコバには夜着くので、うまく夜行バスがあればラッキー。
ブコバまでは大きいバスから小さいバスまでどれも乗り合い。席がすべて埋まらないといつまでたっても出発しないシステム。

快適なのは、大きいバス。でも急ぎたいから小さいバス。



覚悟はしていたけど、ギュウギュウ。床にも布などの荷物でぎっしり。
靴のままみんなその荷物を踏みつけて乗っていく。
なんだか申し訳ない。ごめんね。って言うと。
笑顔でOK!

自分たちのバックパックも荷物棚に無理やり詰め込まれた。
落ちないか心配していたが、案の定、激しい揺れで落下。
幸いだれの頭にも直撃しなかったが、ヒヤヒヤ。

こんな時も、車内のウガンダの人々は大笑い。

せっかちな日本人に比べてほんとうに怒らないしイライラしない。
逆の立場で、荷物が落ちてきたらきっとバススタッフに文句を言っている自分を想像すると情けないと思う。

ギュウギュウでキツイ移動だったけど、ウガンダの人のやさしさを感じられた。

夜7時に国境に到着。イミグレで手続きを済ませ28カ国目タンザニアに。
急いで国境から80キロ離れたブコバへ。

ブコバに到着し、次のバスを探してみると、なんとダイレクトでモシ行きがあった!奇跡!
でも朝出発みたい。タンザニアには夜行バスがないみたい。



ってことで、ブコバで一泊。
ブコバで食べたごはん。めっちゃうまかった。アフリカ一番かも。
スパイス効いたピラウ。ナイルパーチという魚のスープ。しかも激安100円くらい。
宿はバス会社の人が教えてくれた宿。下はクラブで爆音めっちゃうるさい。
しかも宿の名前はないらしい。モグリの宿?売春宿?怪しいけど、疲れていたからぐっすり。
スポンサーサイト
23:10 |  trackback: 0 | コメント: 6 | edit

ハシビロコウ発見!か? 

ウガンダ |

フォートポータル2日目

ウガンダに来た最大の目的。
ハシビロコウを見るため。湖ではなく鳥です。
いっしょに旅をしている、たかちゃんが絶賛する鳥です。
野生ではウガンダしか見れないみたい。

1デイのボートサファリでフォートポータルから車で3時間くらいにあるセレンゲティのアルベルト湖行きました。
ノリくんはこのツアーには行かず、ルワンダに向かったので今日でお別れ。
ノリくんがいたからこそ、あの最悪陸路を乗り越えることができた!

ケニアで天候に恵まれずマサイマサラサファリを諦めたので、私たちにとってこれが初サファリ。
でも昨日の夜から大雨。朝もまだ小ぶり大丈夫か!



朝6時に出発し順調に進んだものの、途中から舗装されてない道。
トラックどうしが無理やりすれ違おうとして、ぬかるみから出れなくなり道を完全封鎖。
おかげで湖到着までかなり時間がかかった。



グランドフォーンビル。



名前忘れた。



ウガンダコープ。



バブーン。

湖に向かう途中からは国立公園へ。



ドライバーさんが動物を発見すると、車をとめて図鑑で教えてくれます。
この図鑑がかっこよくてさらにテンションがあがります。誕生日プレゼントにもらったらしいです。
この人は本当に動物が大好きなんだなぁ。

ボートに乗り換えいよいよハシビロコウとご対面か。
湖に茂る草べりに生息するらしい。
ボートを進めるがなかなかいない。



地元の漁師に聞くと、あっちあっちって指を指します。
生息するのは確か。
何匹くらい見れるか、ガイドさんに訪ねると。
見れて1匹か2匹。
えー。そんだけ。もっとフラミンゴみたいに群れでいるかと思っていた。
それを探すのは大変かも。



ペリカンはいます。



水草が覆い繁り景色はとっても素敵。でもいない。

見つけた!



と思ったらそれはカバ。水面からときどき顔をだしてます。
カバってこんな深いところを泳げるんだ。上手に息つぎしてる。
カバって水辺の浅瀬にしかいないと思っていたので感動でした。

ガイドさんが10年に一回くらい、カバが船を襲うので銃を持っていくんだ。言ってました。
襲われるのも嫌だけど、カバを死なせるのも嫌だから、遠くからしか見られず。

探しまわったけど、残念ながらハシビロコウは発見できず。
残念でした。
これがハシビロコウ。



街に帰ってくると仕立てをお願いした服が完成!アフリカンデザイン。




フォートポータルの宿
NEW LINDA LODGE
15000USH(485円/1部屋
ロケーション/P.O.Box 253Plot15 Balya Rd
アクセス/メイン通りのKyebambe Rd沿い。大きな看板があるのですぐ分かる。
立地はメイン通り沿いにあり便利。
シャワー、トイレ共同。水のみ。タオル付。
Wifeははいらない。
蚊帳はあり。
スタッフはとても親切。
部屋で洗濯物をほすが、なぜかまったく乾かない。部屋がジメジメしているわけでもないのに。
ホテル前のリトルロックカフェではパスタが食べられる。



23:52 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

ワンピースを注文した。 

ウガンダ |

フォートポータル1日目





ウガンダはのんびりとした素敵な国なので、久しぶりに1日ぶらぶらしてみました。
お店を覗いたり、お茶したり。



突然大雨が降って、雨宿りした洋服の仕立て屋さんでワンピースを注文しました。
この辺りではきれいな柄の服を着ている人が多いんだけど、布が欲しくて探すと、なかなか見つからない。
気に入った柄があってもポリエステルだったり。
綿の布は大体、コンゴから来たものなんだそうです。
時間があまり無いと言ったら、明日までに縫ってくれることになりました。
アフリカっぽいデザインにしたけど、仕上がりが楽しみ。



ウガンダの人達は明るくて優しいんだけど、しつこくはなくて
観光客にも、自然に、ちょうどいい感じの距離感で接してくれるので、とても居心地がいいです。



今日は夕ごはんにマトケと、Gナッツを食べました。
Gナッツって何?って聞いたら「Gナッツ知らんの!?豆みたいなやつだよ。」って言われたんだけど
出てきたものはピーナッツのスープで、けっこうおいしかった。
20:18 |  trackback: 0 | コメント: 8 | edit

珍味バッタ 

ウガンダ |

移動日/カンパラ(ウガンダ)→フォートポータル(ウガンダ) バス4時間 20000USH

朝起きると、ゆうきだけ何かに刺された跡が、しかもあちこち。
痒さと腫れ具合いからして、南京虫。
とうとうこいつの被害に。
しかもこの日に限ってビニール敷かなかった。

ウガンダに来て思ったこと。

緑が多い。
人がめっちゃやさしい。
天気がころころ変わる。
そして日本の中古車が多い。



今日は朝から大雨。



カンパラの街、もう少し街歩きをしてみたかったけど、時間がないので移動することに。

バス乗り場で面白いもの発見!



豆の筋とり作業をしていると思いきや。

生きたバッタの足をとってる!

あとで調理したバッタがバスに売られにきた。味は海老のように香ばしい。珍味。
おいしかったから、売ってるのを見つける度に買ってしまいました。

バスは大型バスなのに乗り合いバス。
11時出発のはず、お客で満員になったのは2時。ようやく出発できた。







バスからの風景はいつも楽しい。
いろいろなお店があった。ドアだけ売っていたり、ベッドだけ売っていたり。

夜ポートフォータルに着いた。
いつものようにみんなで夜ごはんを食べに。毎日にぎやかで楽しいです。
22:11 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

ウガンダの首都 カンパラ 

ウガンダ |

カンパラ1日目

ナイロビからの夜行バスは朝着くはずが着いたのは、昼すぎだった。
27カ国目ウガンダ。アフリカを回った人のなかでもかなり評判のいい国。

アフリカでは珍しくリクライニングがめちゃできる快適なバスだった。
だが私の席だけ出入口の横にあり、リクライニングを戻さないとドアが開けれない。
だから、夜中お客さんの出入りの度に叩き起こされ、まったく快適でなかった。
どういう設計をしてるんだこのバスは!









宿の下にある超地元レストランへ。
ウガンダの主食「マトケ」バナナ蒸し。
恐る恐る口にいれると。
バナナ?バナナというよりイモのような感じ。バナナの甘みはなし。

ウガンダの首都カンパラは想像よりはるかに大きい。
ダウンタウンにはたくさんの人と、お店、そしてタクシー。
ごったがえしている。







主食がバナナだけに、デザートとして食べるバナナも売られている。



かなりの重量なのに、簡単にバランスをとり売り歩いているおばちゃんたち。
味はいうまでもなくうまい。

カンパラでどうしても買いたいものそれは「テント」。
これから先訪れる、アフリカの国では、宿にテントサイトがありかなり安く泊まれるからだ。
大型ショッピングセンターへ。バイクタクで。



カンパラでは安くたくさんの種類が売られている聞いていたがあまりない。
1件目で見つけたのは、安いがかなりチープ。
2件目で見つけたのは、高すぎる。
ダウンタウンに戻って探してみるがない。人に聞くとみんなさっき行ったショッピングセンターにあるという。

かなり迷ったが、再びショッピングセンターへ行き、安くてチープなテントを買った。
1800円くらい。
ナイロビのほうが、いいのが安く買えたかもしれない。ちょっと後悔。


カンパラの宿
ATLANTA Ⅱ
12000USH(400円)/1部屋
ロケーション/
アクセス/ダウンタウンのタクシーパークより、西側の通りへ。右手のアトランタテラスという黄色建物が目印。
その通りを進み、左に折れ曲がった右側。小さな看板が目印。レセプションは2階。
立地はダウンタウンの中心にあり便利。
シャワー、トイレ共同。お湯が出る!
Wifeははいらない。
蚊帳はあり。
スタッフは常に掃除していたが、なぜか南京虫にさされまくった。
ベッドにもよると思う

22:03 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。