Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

オリーブ山のPEACE HOUSE 

イスラエル |

エルサレム5日目

イブラヒムおじいちゃんの家は本当に居心地が良くて、
毎日たくさんのごはんがあって、自分の家にいるかのようなくつろいだ気分で過ごしています。
『ここにあなたのお母さんはいません』って書いてあって、それぞれが自分のことを自分でやって、
それぞれがほんのちょっとづつ、掃除や洗濯、料理を手伝って、そんなところがまた
『みんなの家』の雰囲気を作っているんだと思います。



寄付金だけで、赤字になりながらも、みんなを迎えてくれるこの家が
国から無許可の営業とみなされて罰金を毎月、これからもまだ何年も払わないといけないらしい。
払えなければ刑務所に3年、お金のことを考えると夜眠れないんだって、こぼしていたと
他の旅行者が聞かせてくれました。
もうここを閉めなくちゃいけないかもしれない、って言ってたそうです。
そんな状況でも、誰もお腹を空かさないよう、たくさんの食材を買い込んで毎日ごはんを作りに
来てくれるイブラヒムさんは、本当に凄い、凄いおじいちゃんです。



今日はオリーブ山にあるイブラヒムハウスからエルサレムの新市街へ。
一歩足を踏み入れると、完全にユダヤ人の街です。
新市街へ向かう電車に乗っているのもユダヤ人ばかり。
街並もヨーロッパみたいで、物価はそれ以上!
イスラエルの生活はどーなってるの!?と思っても、街を歩く人達な態度は淡々としていて…
謎が多すぎる、イスラエル。
たまに普通に話しかけてくれる人がいるだけで、ああ、普通の人なんだ、良かった。と思ってしまう程です。





そんなユダヤ人のことを少しでもわかるかもと、行ってみた、ホロコースト博物館。
アウシュヴィッツではいろんな意味で衝撃を受け、ユダヤ人目線のホロコーストを見てみたいと思ったけど
物凄い数の写真と映像、捕えられていた人たちのインタビュー、手記、遺留品…
中には見ていられないくらい悲惨な映像もあって、頭がくらくらしてしまいました。
ナチスによって迫害され、どんなに酷いことをされていたか、それだけは良くわかったけど、
大切なのはこの事実をどう受け止めて、これからどうしていくべきか、ドイツ人が今、このことに向き合っていると
アウシュヴィッツで聞かされたこともあって、ユダヤ人がこの博物館を見て何を想うのか、凄く気になりました。

これだけ迫害されてきたユダヤ人が、住むところを守るために必死になるのも仕方ないと言えるし、
自分達がされてきたことを今度は自分達で繰り返すなんて、どうかしてるとも言えるし…。

エルサレムにいる間、アラブ人に対するユダヤ人の差別的な態度が少し見えたり、
パレスチナ人が、いろいろと大変なんだ、って言ってたりもしたけど、
私にはそれだけが本当のイスラエルなのかわからないし、簡単には何も言えないけど、
みんなが本当はこの重たい歴史の連鎖から脱け出すことを願っていたら、まだ希望は
あるのかも、って思いたいです。

イブラヒムハウスは、今日は人が少なくて何だか静かです。



でもごはんとフルーツはたくさん。
「Welcome ! Eat !」
おじいちゃん今日は珍しく、誰かが買って来た大好きな挽肉のコロッケを、
「むしゃむしゃ」と音をたてながら、嬉しそうにいっぱい食べてました。
PEACEなイブラヒムのPEACEな家。
スポンサーサイト
22:57 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

死海 

イスラエル |

エルサレム4日目

小学生の時はじめて、地図で見た死海という文字。めっちゃ恐ろしく、血の色をしている海を想像してました。
その死海に行ってきました。
塩分含有量が普通の10倍。33パーセントもあるらしい。数字だけ聞いただけでも、生物が住めなさそう。実際は住んでるやつもいるみたい。





周りの山はすべて岩山、植物はなんにもなし。バスを降りた時から塩分濃度が異常に高く生温かい
これぞ死海の空気。息苦しいです。

そしてここでのお楽しみそれは、ファンタスティック!
体が水に浮きます。
恐る恐る体を水にいれると、本当に浮きあがってきました!思っていた以上に浮く!



お決まりのポーズ。無理なく新聞読める。現地のだから読めないけど。
一緒に行った、たかちゃんが準備してくれました。ありがたし。



テンションあがりまくり!いろんなポーズやります。



こんなこともできます。



こんな感じでリラックス。



平泳ぎをすると、足がすべて外にでます。
口に水がはいると、塩っぱいというより苦い、喉が痛い。長時間入っていると体がおかしくなります。



ここの砂浜、正確には泥。ミネラルがいっぱい入ってとってもお肌に良い。
さっそく塗りはじめました。臭いはちょっと泥くさい。
塗っている姿は妖怪です。妖怪泥さらえ。

みんなで塗ってしばらく放置。ひりひりしてきた!本当にお肌にいいのか?



みんなで泥まみれ記念撮影。
そして、シャワーへ。浴びた瞬間、お肌がツルツル。赤ちゃんのようにツルツル。うそみたい。
30代の自分達は、死海で浮いたよりテンション上がったかも。
このツルツル具合はやばい。

一回流したのに、もっといい泥を探して、再び夢中で泥パック。
みんな真剣でした。ツルツル願望がすごいです。



そして再び死海へ。
みんな体中がツルツルになったよ。
23:44 |  trackback: 0 | コメント: 6 | edit

エルサレム 

イスラエル |

エルサレム3日目

エルサレムの旧市街は、密度が濃い。
3つの宗教、キリスト、ユダヤ、イスラムのそれぞれの聖地がここにあります。それだけでも凄い。



ぐるりと高い城壁に囲まれています。

四方1キロの小さな旧市街の中に、ユダヤ人地区、ムスリム地区、キリスト地区、アルメニア地区、4つの人種が住んでいる。
世界でもこんなところはありません。
今日は、4つの地区を散歩してみました。







それぞれの地区の境には、スーク(商店街)があります。
たくさんのツーリストをはじめ、それぞれの地区の人が行き交ってます。



ユダヤ地区とアルメニア地区を歩いてみてびっくり、街が綺麗でゴミ一つ落ちてません。
だだ、路地で遊んでいる子供や、立ち話をしている人もほとんど見かけません。すれ違うユダヤ教の人は、みんな足早に歩いていきます。
街が綺麗なため、すこしドライに感じました。



キリスト地区は、いたるところに十字架があります。
路地の感じも少し雑然とした感じでした。



ムスリム地区。
路地で遊んでいる子供や立ち話をしている人が多かった。
外でご飯のしたくをしたりしている人もちらほら。

道を歩いただけでは、なかなか生活スタイルまでわからないが、きっと大きく違うのだろう。
小さな旧市街の中に、それぞれが共存していることが、きっときっと凄いことだと思う。でも一人一人は同じ人間だし、あいさつをしても反応は少し違うにしても、みんなこたえてくれる。なかなか複雑な問題なので、簡単にみんな仲良くとは言えないが、うまく共存して平和であったらいいのにな。
23:28 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

パレスチナ自治区 

イスラエル |

エルサレム2日目

ベツレヘムへ行きました。
ここはパレスチナ自治区。イスラエルではありません。
パレスチナへは何のチェックもなく入れるけど
帰り道はバスの中にライフルを持ったポリスが乗ってきてパスポートチェックを行います。
イスラエルとパレスチナ自治区の緊張した関係が感じられます。



パレスチナ自治区は周りをどデカイ壁に囲まれてます。

パレスチナからのメッセージがたくさん書かれてました。ここまで大きい壁が必要なのか。

簡単に述べることができない政治問題。自分の知識の浅はかさにこの壁を目の前にして申し訳なく思います。
でも、この壁のインパクトは心に刻まれました。日本に戻ってからでもいいから、ちゃんとした知識と自分の考えを持ちたいです。



ベツレヘムは、イエス生誕の地です。街には聖誕教会があります。
いままで、見たカトリック教会とは少し違います。少し暗く、派手やかさもありません。入口はにじり口のように小さいです。





地下に、イエスが産まれたとされる場所があり、キリスト教徒の人はここで一人ずつお祈りを捧げてました。



イスラエルとは違い、アラブ系の人ばかり、街の雰囲気もアンマンのよう。しかも物価も安いです。ってかイスラエルは高すぎる。
一日しかいなかったパレスチナ自治区ベツレヘム、訪れて良かったです。
22:06 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Via Dolorosa 

イスラエル |

エルサレム1日目

「Welcome! Eat! Fooood!!!」
イブラヒムおじいちゃんが朝から元気です。


ここ『イブラヒムピースハウス』では平和活動をしているおじいちゃんが、来る人を誰でも迎えてくれます。
維持費は泊まる人たちの寄付金で賄っているそうです。
おじいちゃんはいつもごはんをたくさん作ってくれます。いつでも誰でもウェルカムウェルカム。
来月は講演で日本へ行くとか、ホワイトハウスにも行ったことあるって、ちょっと自慢してました。

今日は旧市街の中にある「ViaDolorosa」
イエスが処刑されたゴルゴタの丘まで十字架を背負って歩いた道です。



鞭で打たれて十字架を背負わされた場所。
十字架が重くてつまづいた場所(!)シモンがイエスの代わりに十字架を背負わされた場所、など
全部で14箇所が道の途中に示されています。



聖墳墓教会には十字架から降ろされたイエスの体に香油を塗ったという石の台があります。





たくさんのクリスチャンがこの台に触ったり、スカーフや十字架を並べたりしていました。
大事に持ってお守りにするのかな。
ちっこい十字架を100個くらい持って来ている人がいたけど、きっと友達とか近所の人に配るやつ。

そしてここで意外なことに、ゆうき感激。
子供の頃ずっと日曜日の朝、礼拝に通っていて(家はクリスチャンじゃないのになんでだろ)
聖書の話を聞いていたから、ここの人達のイエスへの想いにグッときてしまいました。
そして「あの台に触りたい」と言って触り、
イエスのお墓の前に行列を作るクリスチャンを見て、さすがにそこに並ぶことができずに
「クリスチャンの人はいいなあ」などと呟く程でした。

思い返せば、仏教に関わる場所に行くときは仏教徒としてではなく
頭の中に手塚治虫の『ブッダ』を思い浮かべて、凄い凄いと思っていたような…
子供の頃に受ける影響って大きいんだなあ、と思いました。
22:59 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

いろいろあった一日。 

イスラエル |

移動日/アンマン(ヨルダン)→エルサレム(イスラエル)

これからのルートと日程が、ほとんど同じなのでいっしょに旅をすることになった、たかちゃん&まーちゃん夫婦とイスラエルへ。私たちは西周り、この二人は東周りで世界一周をしている夫婦がいっしょに旅できるなんてロマンがあります。

金曜日なので国境が13時には閉鎖するので、朝から張り切ってタクシーでヨルダン側国境へ。手続きをできるは、8時間からみたいで、1時間も前にきちゃった。順調にイミグレで手続きを済ませ、出国税10JD,なぜか情報より2JDも上がっていた。円高だけど、どこも同じだけ値上げしている。

バスに乗って走ることろは無法地帯。キングフセイン橋を渡り、いよいよイスラエルのイミグレへ。イスラエルの入国審査は厳しく、しかもパスポートにスタンプを押されてしまうと、ヨルダン、エジプトを除くアラブ諸国には入国できなくなるので、別紙にスタンプを押してもらう必要がある。ちょっと複雑な入国なのです。

バスがイミグレに到着すると、たくさんの入国審査を待つ人で列は大行列。しかもインド以上の大量のハエ。4人も負けじと並んでいると、突然ピーと笛が、みんな列から出て、広場のようなことろに行くようにと言われました。なかなかの緊張感。

まわりの軍人は全員ライフル持っているし。つい写真をとろうとiPhoneを出してかまえると、ライフル持った人がこっちを指さし、ノーフォトっと向かってきました。ビビりました。震えました。
しばらして、ゴーサインがでると、みんなダッシュで列に並びます。結局また大混雑。まず最初の簡単な審査。二人でカウンターに行き、笑顔でノースタンププリーズ。するとパスポートの裏にピンクのシールが貼られました。このシールをイスラエル出国後綺麗に剥がさないとバレるみたいです。次に身体検査。二人でいっしょにカウンターに行ったのに、まさかのたみやだけパスポート預かり、噂ではここで止められると、別室につれてかれて、3時間待たされる上、質問攻めにあうらしい。最悪です。さっきの写真が原因かも。

30分くらいして、パスポートを持った人から名前を呼ばれ、いっしょに別室かと思いきや、荷物をあけられ、何やらブラシのようなものでポンポン。
10秒しない内に、はいOK。いったいなんで止められたのかは謎です。

ここでいよいよ本番の入国審査。二人でカウンターに行き、同じようにノースタンププリーズ。すると係りのお姉さんさん笑顔で、紙をくれそこに名前やパスポートナンバーを記入。するといくつか質問が、これはすでに予行練習していたので、バッチリ。
どこにいくの?エルサレムと?ちょっといじわるな聞き方。はっきり「エルサレムのみです」
何日滞在するの?1週間。
どこのホテル?パームホテルです。
エルサレムに友達とか家族がいて、会う約束でもしているの。いいえ。
無事に、別紙にスタンプを押してくれました。これでいよいよ22カ国目イスラエルに入国です。

バスに乗り旧市街へ。この途中でも、ライフルを持った人によるパスポートチェックがあります。ほんと厳しい。

今日の宿はイブラヒムじいさんの家。バスに乗ろうとすると、またハエがよってきたと思い、払うと、まさかのハチ。すでに手に針が刺さっているし。

痛い!やっと入国できたと思ったらハチに刺され散々です。

バスを降りると、こっちを見て手招きしている人を発見。なんとイブラヒムじいさん本人。

ウェルカム!ウェルカム!カモン!

家まで招いくれました。
到着するなり、ウェルカム!イート!フード!ウェルカム!



お昼ごはんをもてなしてくれました。やさしい味。





今日は金曜日。嘆きの壁ではユダヤ教のお祈り時間。はじめて見る正統派ユダヤ教徒にビックリでした。

全身黒。ハットに長いくるくるもみあげ。そしてすごい人数。お祈りする人。歌っている人。聖書を読んでいる人。月明かりに照らされ、幻想的にさえ見えます。

見学していると、イブラヒムさんのとこで同じだったアメリカ人が、今日、ユダヤ地区の集会所のようなことろで
ユダヤのごはんをいただけるので、一緒にいきませんか?もちろんこんな体験できないので行くことに。

さっきお祈りしていたユダヤ教の人がたくさん。時間になると小さな建物に入り、男女別にテーブルに着席。
聖書が配られ、読まれるのかと思いきや、歌いはじめました。わたしたちも合わせて手拍子。

その後、パンとおかずが出されては、歌って、スープ、肉料理、ケーキのフルコース。

読まれている内容や、歌われる内容はよくわかりませんが、目の前のユダヤ教の人がとっても親切に楽しませてくれます。

もっともっと宗教について理解していれば、いろいろ聞けたのですが、でもこんな体験ができ良かったです。
少しユダヤ教を身近に感じることができました。
18:24 |  trackback: 0 | コメント: 3 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。