Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

ペトラ遺跡 

ヨルダン |

アンマン5日目

昨日の午後のことです。
「明日、ペトラ遺跡タダで入れるらしいよ」
どこからかそんな噂が流れてきました。

ペトラ遺跡は入場料が高いので、それが本当なら行かない手はない
ってことで、イスラエルへ向かう予定を変更して、早朝から総勢9人でペトラへ行きました。
どうやら年に1回くらいサプライズで無料の日があるみたい。ラッキー!

アンマンからバスで3時間でペトラに到着。
「チケットカウンターに並んで」といきなり言われて、えっ?て思ったけど、一応チケットが配られるのかなあ、
て言いながら並んでいると、
「一人50ディナール」
今日ってタダじゃないの?って聞いても「No」
あっ、そうなんだー…

なんか、今日は『アラブ人がタダで入れる日』だったみたいです。
アラブ人は普段でも1ディナールくらいで入れるのに~!
ガーンてなったけど、元々来るつもりだったし、まあ、いいか…

ペトラは岩を削って作られたナバテア国の巨大遺跡です。インディージョーンズに舞台です。
ナバテア国ってなんだか知らないけど。(後で勉強すること)



こんな岩の間をずっと歩いて行きます。
この岩の景色が結構いいです。



そして、ジャーン。すごいのが突然出てきます。かっこいいー!
岩の色が赤くてきれい。作りも豪華です。中にも入ってみたかったけどダメでした。



坂道と階段を登って登って、暑い!カラカラに暑いー!



ロバにも乗れるみたいです。いっぱいいるよ。みんな暑そうな顔をしていました。



道の途中の景色が凄いです。いつの間にか黒尽くめのペトラおばちゃんも写っていた!
1時間くらい歩くと、エド・ディル神殿に到着。



ドーン。最初のとそんなに違わないけど、これもかっこいいー!



ペトラポリスもかっこいいー!



王家のお墓はこんな感じで、たくさんあります。凄いね。
ナバテア人て根性あるなあ、って思いました。

ペトラ遺跡は、入場券が1日から3日まであるくらい広いけど、これでも公開されているのはほんの一部だけだそうです。
岩を上がったり下りたりするので、暑くて大変だけど、かなり見応えのある遺跡でした。

アンマンに戻るとお腹もぺこぺこで、ごはんの後、ずっと気になっていた大行列のお菓子屋さんへ。



チーズの上に、シロップがたっぷり染みたカリカリ生地がのったお菓子でした。
もの凄く!甘いけど、チーズがとろとろで、温かいからおいしい。
それにしても、夜10時過ぎたお菓子屋さんにこの行列って…


アンマンの宿
Mansour Hotel
8JOF(880円)/泊
ロケーション/down town King Fasial Str PO Box6652
アクセス/ダウンタウンのキングフセイン通り沿い。街の人に聞けばわかります。

超日本宿。めちゃくちゃ親切なルアイさんが有名。そして汚くても有名。
ダウンタウンの中心なので、便利。食べるところもいっぱい。
部屋は安宿って感じ。
シーツは洗ってないです。
トイレ、シャワーは、はっきり言って汚いです。でも想像していたよりマシかも。
シャワーは湯がちょろちょろ。トイレはよく詰まっていて、シャワーをする時嫌だ。
wifiは快適に入ります。
朝食付き。紅茶、ヨルダンパン。
いつ行っても日本人がいるので情報収集にはすごく良かった。みんな世界一周の人ばかり。
いっぱい旅友達ができます。
ルアイさんは本当に親切で優しいです。この汚さも許せるかも。

スポンサーサイト
21:37 |  trackback: 4 | コメント: 7 | edit

アンマン城 

ヨルダン |

アンマン4日目

イスラエルの大休日のため国境閉鎖。今日は午前中はのんびりお洗濯。



マンスールホテルの有名人ルアイさんとすすぎタイム。
洗濯機ですすぎはできません。結構大変です。

午後からお出かけ。
すぐ近くのフルーツジュース屋へ。毎日行ってます。



この近くにもいくつかあるけど、ここのはフルーツがいっぱいはいってます。
これで1杯100円。日本なら500円はするよね。二人で言いながら頂きました。野菜不足になりがちななので、ビタミン補給に最適です。



こんなサトウキビジュース屋さんもあります。地元の人で大人気。宿が一緒の子が飲んだらしくまずかったみたい。
なのでパス。

夕方涼しくなってから、アンマン城にお散歩。
世界一周中の夫婦、あつしくん&ともみちゃんといっしょにいきました。



記念撮影!遺跡もゴロゴロ転がってました。



遺跡よりここからの、アンマンの街並みが良かったです。山肌に建てられた、中東らしい茶色い四角い家々が夕日に照らされて美しい。



考古学博物館もありました。
ゆうきはこれを見るのが楽しみだったらしい。どこか魅力的だったみたい。



ローカルな大人気の店。この店は王様も食べにくるとか。
確かに写真やサインのようなものが店内の壁に貼ってありました。



ホンモス。これは豆のペースト。パンに挟んで食べます。油がたっぷりかけてあります。
パンによくあい意外といけます。



ファラフェル。豆のコロッケ。スパイスがきいていてうまい!

明日は、宿のみんなとペトラ遺跡へ遠足にいきます。
22:36 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

さすがポリス 

ヨルダン |

アンマン3日目

今日、イスラエルに行く予定だったけど、ゆうきが少し風邪気味だったし、昨日誘ってくれた夫婦が明日行く予定だったので、一緒に行くことにしました。今日もアンマンでのんびり。

アンマンは、気温はそれほど高くないけど、日差しが強烈。
外を少しブラブラすだけで、嫌になります。
ゆうきの髪の毛が伸びてきたので、今日は美容院探し。
イメージをビジュアルで伝えるため、iPhoneに原田知世の写真をカシャ!果たしてこの写真のみでうまく伝わるのか。

街をブラブラしてみましたが、なかなか美容院がなく、やっと見つけたところも女性はダメって言われた。
ここはイスラムの国。意外と厳しいのかも。

諦め、アンマン観光。



ローマ劇場。ダウンタウンからすぐにある遺跡です。
ここの入り口で、ポリスに突然。アイグラス ホワィ?って言われた。
普段はメガネをかけていて、サングラスをする時は、メガネの上から被せて2重にしてかけてました。
これがうまくフィットして、サングラス越しでもよく見えるのです。
いままでどの国の人にも突っ込まれなかったのですが、はじめて突っ込まれました。さすがポリス。観察能力ハンパないです。



ローマ劇場の隣には、ヨルダン伝統博物館があり、覗いてみることに。
この地方の伝統民族衣装とたくさんのモザイク画が展示されていました。割と楽しめた。

暑いし、体調も万全ではないので宿に戻ると、明日はイスラエルは祝日だから国境が閉鎖みたいって言われた。
ってことで、明日もアンマンに滞在。
のんびりです。
21:29 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

大冒険! 

ヨルダン |

アンマン2日目

マンスールホテルにはたくさんの同じように世界一周をしている人がいました。
宿にみんながダラダラできるようなところがあり、これまでの旅のエピソードで盛り上がります。

同じように夫婦で世界一周中の、たかちゃん&まーちゃん夫婦に誘われて、ワディームジブに行きました。

すっごくおもしろそうだから、タクシーをチャーターしていきませんか?
まったっくどんなところかわからないけど、写真みせてもらうとかなり面白そう。即決で、はい!行きます!

宿に泊まっている、合計8人でプチ旅行。海外ならではのノリです。
同じように旅行していると、初対面なんて関係なく、ノリでいけるところが素敵。

さて、ワディームジブとは、渓谷を流れる川を、ライフジャケットを身につけ川を上り、下るという、大冒険。



みんな装備ばっちり。女の子がいるのでガイドもさんもお願いしました。



両サイドを岩に挟まれた渓谷。景色もすごい。張り切って冒険スタート。



いきなり、川の中を進んでいきます。冷たくて気持ちいい。



ゆうきはなぜハーフパンツでこなかったのか後悔。
ここからだんだんハードに。



思っていたより大冒険。ゆうきはビビってお婆ちゃんみたな登り方に。
みんなが、あと少し頑張れって言ってくれました。



ゴールは滝で水遊び。



帰りは川下り。プカプカ流されながら、たまにデカイ石にお尻をぶつけめっちゃ痛い。



行き道でロープを使って登ったところは、石の上を滑り台。しかもけっこうな高さ。
ゆうきなんか滑っているいるとうより、落下。これは本当に面白い。



最後までみんな夏休み小学生のように、思いっきり遊びました。

たまたま宿で出会った仲間とこうしてできるプチ旅行、いい思いで、いい出会いできました。

誘ってくれた、お二人に感謝です。
22:46 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

Mansour Hotel 

ヨルダン |

アンマン1日目

ホテルからダウンタウンまで、朝歩いて行こうとしたら、従業員のおばちゃんに「遠いよー、エクササイズだよ!」
と言われながらも、歩いてみると、距離もまあまああったし、日差しがかなりきつかったよー。

ダウンタウンにある日本人宿、マンスールを訪ねてみると、今日はドミトリーが空いてたので、1泊することにしました。
ここは、部屋や水回りは超汚いけど、スタッフのルアイさんが超絶いい人ってことで有名です。
どんだけ汚いんだ、とドキドキしたけど、確かに、まあ…汚い…けど、泊まれない程ではないよ。
シーツとか枕カバーとか、絶対洗ってないけどー。
そしてルアイさんは本当に親切ないい人だったよ。

アンマンのダウンタウン。





この、からりと乾いた感じが、中東のイメージです。
ヨルダンは治安が良さそうだね~、なんて言いながら歩いていたら、通りすがりの車に帽子を取られた!



道端カフェでお茶タイム。コーヒーはスパイス入りでした。



それで、お昼ご飯はこんな感じでした。羊肉ばっかり。でもおいしいよ。



夜ご飯は宿のみんなと。

今日はドミでいろいろ話したり楽しかったけど、
シャワーが…トイレが…やっぱりちょっと無理かもしれない!
21:52 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

アンマン到着 

ヨルダン |

移動日/イスタンブール(トルコ)→アンマン(ヨルダン)飛行機2時間 トルコ航空 世界一周券

今日でトルコもおしまい。夜のフライトでヨルダンへ。
宿でのんびり。



外では何やら演奏が始まったと思えば、近所の人がみんな集まってきて、踊りはじめました。
結婚のお祝いのようです。
宿がツーリストエリアではなく、下町にあるため見れた光景でした。



お昼は、いつもお店。今日も好きなものをチョイス。この茄子のヨーグルトあえ、うまい!
このお店も今日で最後と思うとさみしいです。
スィルケジ地区のトラムが走る通りから、Orhaniye通りへ曲がり、すぐのHocapasa通りへ入っていくと左側にあります。
イスタンブールに来た時は、ぜひ行ってください。「Balkan」というお店です。



トルコの魔除けのお守り。宿の入口にもありました。
街中のお土産さんには、この魔除けグッツがいっぱい売ってます。爪楊枝の一本一本についているものがありました。
使っても縁起悪く捨てれないよね。



昨日食べた、肉入りスイーツをスーパーで発見。
ブルーモスクを見ながら食べました。ちゃんとチキン繊維がはいってました。うまいです。



夜のフライトでトルコを出発。トルコ航空です。2時間でヨルダンの首都アンマンに到着します。
2年前の計画では、トルコから陸路でシリアを通りヨルダンへ行く予定でした。でもシリアの内戦の悪化により断念。
飛行機のテレビ画面を見ていると、ちょうどシリアの首都ダマスカス上空を飛んでいることがわかりました。窓から外を見ると、ダマスカスの夜景が見えます。上空から見る分には、何も起こってなさそうな綺麗な夜景ですが、この国でいま大変な事態になっていると考えると、心が痛いです。

無事に21カ国目ヨルダンの首都アンマンに到着しました。飛行機が到着したのが夜11時。
空港の待合で朝まで待つか、それとも街まで行き宿に泊まるか迷いましたが、宿に泊まることを事前に決断して宿をブッキングしておきました。
知らない国に夜中に到着して無事に宿まで到着できるのか飛行機に乗っている時から不安でした。しかも事前情報によると、アンマンのタクシーはぼったくり有名らしいです。黄色以外のタクシーには乗ったらダメのようです。

空港バスで途中のセブンサークルというところまで行き、そこからタクシーに乗るのが、ベストらしいです。
空港バスを終点まで乗ると、タクシーの餌食になるらしい。恐い!

夜中でしたが、空港バスはあり無事乗車。
ちゃんと途中のセブンサークルで降りました。でもタクシー運ちゃんに囲まれました。やばい。
でもよく見ると黄色タクシー。行き先を伝え、メーターを使ってっと言うと、
メーターは壊れてる!5ディナールでいくよ。
いやいや。メーターで。もうヨルダンには6回も来たことがあるからってわけわからん嘘を言うと、
メーターでOKってことに。よかった。でもまだ安心はできない。ちゃんと宿に行ってくれるか、メーターは適性に動くのか。

無事宿に到着。メーターで3ディナールくらいでした。
最初に言っていた5ディナールそんなに変わらなかった。少し警戒しすぎたかも。運ちゃんはちゃん荷物までおろしてくれて、いい人でした。


宿はなかなかの安宿感があり、シャワーは今まで1・2位を争うチョビチョビでした。
なぜかシャワーがトイレを直撃する位置に…でもお湯がちゃんと出ます!

明日からのアンマンが楽しみです。

アンマンの宿
Sun Rise Hotel
12JOD(1400円)/泊
ロケーション/King Hussein Str Abdali Station
アクセス/キングフセイン通りのアブダリ広場の向かいにあります。ダウンタウンからの歩いて30分くらいかかります。

中心のダウンタウンより少し離れたことろにあり、何もないので不便。
目の前が大きな道路、バスがたくさんとまるため、騒音が夜中までうるさい。
部屋は安宿って感じ。ぼろい。
トイレ、シャワー付き。こちらもボロい。水量は少ない。湯は出ます。
wifiは部屋では入らない。リビングスペースのみ。
朝食付き。紅茶、オレンジジュース、ヨルダンパン、ゆで卵、甘いジャム、チーズ、お菓子ケーキ、
日本人にいっぱい来てほしいみたいで、いろいろ頑張っていた。
(振袖のポスターを貼ったり!?)
Booking.comに載せる写真を撮ってと言われて、リビングや外の写真をいっぱい撮った…
ぼろいけどきれいにしてあって、案外快適でした。ツインの部屋ではここは安いと思う。

22:56 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。