Tabiya

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

ロクルム島 

クロアチア |

ドブロヴニク3日目



朝起きて、外をみると港に豪華巨大客船がとまってました。
屋上にウォータースライダーがみえます。こんな船に乗って、世界中を旅するのもいいなぁ。部屋にはそれぞれにバルコニーがあり
よく見ると、裸でワインを飲んでる人がいる。優雅。

今日はロクルム島という無人島にフェリーで渡り、ビーチでのんびりというプラン。



昨日、満喫した旧市街の港より船が出航。なかなか雰囲気がありました。海からみる旧市街もかちょいい。



島の中は、自然がいっぱい、孔雀もいっぱい。





プカプカ浮いてみました。



叫んでみました。

ビーチは砂浜って思っていたら、完全な岩場。岩には海にはいるためのハシゴがあります。れっきとしたビーチみたいです。
ゆうきははしゃぎすぎて、岩場で滑ってしまって、手を切っちゃいました。お調子者です。
この旅、はじめてのビーチ泳ぎ、やっぱり海は気持ちいいです。昼寝も最高でした。



散歩していると、遊び場を発見っと思いきや、これすべてエクササイズ器具。
こんなところでエクササイズなんて、どこのジムよりも贅沢かも。



帰り道、今日でクロアチアも最後。たった3日間で次の国へ行きます。ちょいさみしいです。
クロアチアのお金クーナも必要ないので、すべて使いきるためスーパーへ。
朝食べるパンとお水とお菓子、これでちょうどくらい。レジに行くと、
日本円で30円くらい足りない。お菓子をあきらめるかぁって言っていたら、レジのおねいさん、ノープロブレム!OK!
大型スーパーなのに。いいの?なんか嬉しかったです。

これからしばらく内陸の東欧の街を北に進み、北欧を目指す計画。
明日は、ボスニアヘルツェゴビナの首都サラエボに行きます。


ドブロヴニクの宿
Hostel Panorama Dubrovnik(Zioのアパートメント)
539HRK (7000円)/1泊
ロケーション/Majkovska 1 Gruz
アクセス/フェリー乗り場 近くにあるバスターミナルからは3番バスNuncijate行きで、15分。終点で降り、進行方向に向かって歩く。
道沿いに建つ家を注意しながら見ていくと、門についた小さい看板にホテル名と「ZIO」と書かれているところが、入口。

立地は高台にあり、旧市街へは3番のバスでいけます。
下まで歩くとスーパー、レストランがあります。階段470段。
部屋には大きなバルコニーがあり、優雅なひと時を過ごせます。
風がよく入ります。エアコン有り。
トイレ、シャワーは専用。
コンセントはたくさんあり、WiFiは部屋で使えます。
キッチンは冷蔵庫と電子レンジ使用可。
親切な家族経営で、何か頼まないと悪いんじゃないかというくらい、気にかけてくれます。
値段は相場比べれば少し高いですが、部屋からの眺めは最高。
スポンサーサイト
22:50 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

海に浮かぶ街 

クロアチア |

ドブロヴニク2日目

ドブロヴニク。ついに、この旅の中でもかなり楽しみにしていた街に来ました。
ドブロヴニクと言えば "アドリア海の真珠" と言われていますが、日本では、それよりも "魔女の宅急便"の
舞台のモデルとして有名な街。大好きなので、テンション上がるけど、ジブリは公式に否定したという…そんなドブロヴニク。

観光地として人気の "海に浮かぶ街" 旧市街は、城壁に囲まれています。
城壁の上を2時間以上かけてぐるりと歩きました。どこをどう見ても最高の眺めです。







" 魔女の宅急便" のコリコの街と似ているか、と言えば、海に浮かんでいる感じと、街並の所々ちょっと似ていたけど、
やっぱり違うなと思いました。ここはもっと小ぢんまりとしています。
そんなことは関係なく、本当に美しい街で、真っ青な海とのコントラストは最高です。
でも、BGMにはあの音楽がピッタリはまりすぎて、サントラ(持ってきたよね~)聴きながら歩いていると、
ついついキキの事を考えてしまう…。
広場の階段を見かけたときは、お母さんのお弁当食べられなかった時のキキの気持ちを思って悲しくなってしまいました。





ただただ美しいドブロヴニクですが、1991年クロアチアのユーゴスラビアからの独立宣言以降、すでに世界遺産に登録されていた
旧市街も大きな攻撃を受けたそうです。
紛争が終わると、復旧が進み、今の街の姿を取り戻しました。
自分が小学生の時の出来事で、記憶にも新しく最近のことのようだけど、観光しているだけでは
何事も無かったかのように、のんびりとした街に思えました。

港の方にある滞在中のアパートメント。旧市街とはまた違った景色が見られます。



このために470段上るけど!

ずっと来てみたかったドブロヴニク、大満足の一日でした。



落ち込むこともあるけれど、私この町が好きです。
22:57 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

Dubrovnik 

クロアチア |

ドブロヴニク1日目

朝目覚めると、フェリーの窓からは美しい景色が見えました。
10カ国目、クロアチアに着きました。
クロアチアはシェンゲン協定の国ではないので、パスポートに新たなスタンプ。
今日もネットで宿を予約済(この時期のヨーロッパは予約無しだと不安です)
今回の宿、そのウリは、最高の眺め。Hotel Panorama Dubrovnik 名前そのままの宿です。

当然、高台にあります。フェリーを降りるとこんな時に限って雨。この荷物をもって、高台にある宿を探すのかぁって言いながら、
フェリー乗場の出口に向かうと、ひとりおばさんが声をかけてきました。
ミ ヤ シ タ ジャパン って聞こえたような。たぶん。
手に持っている紙をみると、NAOKAZU MIYASHITAって書かれてました。
まさかのお迎え!
雨が降っていたので、車で迎えにきてくれたみたいです。
とっても助かりました。もちろん無料サービスです。おばさんありがとう。

宿は想像していたところより、高台にありました。
宿に着くと、おばさんはうかない表情をして、一つ問題があるのって言い出しました。
えっなになに?
残念だけど、まだお客さんがいるから、チェックイン2時しか無理なの。
荷物はもちろん置いておいていいし、そこのソファーで疲れたと思うから、寝ていていいよ。
そんなの、もちろんご承知ですよ。なんという気遣い。嬉しい。

そして、二人ともソファーで爆睡でした。



部屋には大きな窓、その外にはバルコニーがあります。
最高の眺め、そして海からの風が心地よい良いです。ここでしばらく過ごせると思うと幸せです。



ごはんを食べるため、高台から港までおりてみました。



階段は470段。登りは運動です。良かった迎えに来てもらって。



クロアチア料理。
グラーシュ。シチューのようなもの。これはランチ。



チェバピ。クロアチア版ミートボール。これはディナー。
21:03 |  trackback: 0 | コメント: 5 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。